ホームデコレーション

インテリアレッスン37 理想のキッチンを叶えたリフォーム&収納術

【連載】インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす

LESSON37
キッチンリフォームと収納の工夫で理想の台所空間に

日々の食事を作るキッチンは、思いのほか長い時間を過ごす場所です。

マンションの限られた広さのキッチンであっても、できることなら、もっと使いやすくて、調理が楽しくなる空間にしたいとインテリアスタイリストの横瀬多美保さんはリフォームすることを決意。

リフォームを経て新しくなったキッチンを拝見し、雑然としがちなキッチン収納の工夫を教えていただきました。


リフォーム前のキッチン。シンクやカウンター、戸棚、ガスレンジや食器洗浄器などは、備え付けられていたものをそのまま使用していた。ゴミ箱が目につき、導線を邪魔している。

Tips1
既存のキッチンを使いながら自分の理想を具体化する

「見た目ばかりでなく、使い勝手も重要なキッチンは、実際に使いながら自分の理想を具体化してゆくと失敗がないように思います。マンションのキッチンの場合、水まわりの位置や広さまでは変えることができませんから、既存のキッチンをベースに『もっとこうだったら良いな』とか『あの素材を取り入れたいな』というイメージを、時間を掛けて膨らませていきました」

いつかリフォームしようと思いながら、1年以上をかけて構想したのだそう。

使ってみなくてはわからない空間は、慌てず急がずじっくりと。あれこれ考える時間を楽しみながら、自分にとっての理想のキッチンを追求しました。

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading