住まい

感動のホームビューイングを評論家の折原一也さん監修のもと、編集部がつくってみました

進化するホームシアター&音楽のある、夢のライフスタイル拝見「わが家コンサート」のすすめ 第5回(全9回) 家で過ごす時間が長くなる今、俄然、注目が集まっているのが家庭内のAV環境。質の高い豊富なソフトがオンライン配信などによってわが家でゆったりと贅沢に享受することができるようになっています。音楽と映像を愛する豊かな暮らしを訪ね、わが家を“感動劇場”に変えるヒントを探ります。前回の記事はこちら>>

複雑な配線は不要。わが家がどこでも映画館に

大画面テレビがなくても、映画館のような迫力のある映像を楽しみたい。そんなニーズに応えて家庭用プロジェクターは近年、初心者向けにも進化しています。

「スピーカー内蔵、軽量でコンパクト、動画配信に簡単にアクセスできる商品など、複雑な配線は不要で設置場所の選択肢も広がっています。プロジェクターはAVルームにあるものから脱却しつつあります」と話すのはオーディオ&ビジュアルライター・評論家の折原一也さん。

「もちろん最高の音質や画質を求めるならば環境の整った場所に高級機を設置するのがベストですが、ご家庭で気軽に導入するならば、多少機能はカジュアルでも十分。ポータブルや短焦点タイプのプロジェクターがおすすめです」。

ダイニングやリビング、キッチン、そして中庭……。あるご家庭にご協力いただいて試してみました。

▼Before
進化するホームシアター&音楽のある、夢のライフスタイル拝見「わが家コンサート」のすすめ

至近距離からも大画面で投影可“超短焦点”プロジェクターに注目

壁際に置くだけで大画面投影ができるため、設置のしやすさで人気を集めているのが短焦点タイプ。ダイニングもあっという間にドラマチックなシアターに変身。

▼After
進化するホームシアター&音楽のある、夢のライフスタイル拝見「わが家コンサート」のすすめ
今回使用したプロジェクターはわずか50センチの距離から80インチの映像を投影する「超短焦点」が自慢。スピーカーを内蔵し、ストリーミング端末も同梱しているので、動画配信を楽しむならば電源への接続のみでOK。

dreamio EH-LS500W(エプソン)

進化するホームシアター&音楽のある、夢のライフスタイル拝見「わが家コンサート」のすすめ

スクリーン解像度:4K(4K相当の高画質で表示)
明るさ:4000lm
コントラスト比:2500000:1
外形寸法(W×D×H):458×375×210ミリ
重さ:約9.3キロ
Android TV端末を同梱
実勢価格:29万9980円
お問い合わせ:エプソン プロジェクター インフォメーションセンター TEL:050-3155-7010

おすすめキーワード

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年5月号4月1日発売

日本の「新緑遺産」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading