暮らしのヒント

2021年は“5”の年?! 小林朋子式数秘術で運気を開く

2021年決定版 開運・招福術 第17回(全18回) 各分野の先生たちに、天地、星の動き、大自然、数字、陰陽の仕組みを読み解いていただき、2021年の運勢や、開運のためにすべきことを教えていただきました。東洋、西洋の叡智と助言を日々の暮らしに取り入れ、皆さまで2021年をよりよき年にいたしましょう。前回の記事はこちら>>

2021年の運気の流れに乗る
小林朋子の数秘術

数秘術 2021 イラスト

古代ギリシャの数学者・ピタゴラスが体系化した数秘。後には、西洋占星術やタロット占いなどにも活用されてきました。

その智慧をベースに、膨大な蓄積データから導き出される法則を統計学を駆使して、現代人にわかりやすくアレンジしたのが「小林朋子式数秘術」です。

生年月日から導き出されるマイナンバーや、個人サイクルの意味を“人生の羅針盤”として、自分らしく輝きましょう。

小林朋子
小林朋子(こばやし・ともこ)
数秘家・ライフコーチ。豊富な海外生活から得た国際感覚をもとにした小林朋子式「ステキな大人の数秘生活」を提唱。数秘の智慧を生活に生かし、自然体で生きるヒントを「知る・観る・創る」観点から伝えている。「セブンアカデミー」の講座や個人セッションも人気。

開運キーワードは「不動心」と「共創」
「2021年は“5”の年」

数秘術 2021 イラスト

新たな枠組みが完成する「変化変容」の一年

2021年は、2+0+2+1で「5」。5は、“変化”を意味します。数秘術は、9年周期で捉えるため、5は折り返し地点。9年を「創造の1、2、3」「発展・展開の4、5、6」「過去6年間の結果を受け取る7、8、9」という3タームに分けることから、再構築を意味する昨年の数字「4」を受けての“変化”となります。歴史的には、明治元年が「5」の年です。

数秘術 2021 イラスト

また、始まりを意味する「1」を持つ2021年であり、創造性を意味する「3」の年、令和3年であることからも新しい何かが始まる年であることが読み解けます。

「5」の年で大切なのは「GAP」の精神性

「5」の年は、環境が変化し、新たな枠組みができる年だからこそ、他人軸ではない自分軸を持つことが重要です。その際には、マインドフルネスの心構えである「GAP」を実践するとよいでしょう。

Gはグラウンディングで、地に足がついている状態。Aはアウェアネスで、気づき。Pはプレゼンスで、ただ存在することを意味します。

私たちの持つ自己の「本質」は変わらず、揺るぎないものであることに気づき、「不動心」で行動してください。

もう一つ忘れてはならないのが「共創」。2000年代の「2の時代」と、令和の時代の「0の時代」は、マイナスの意味に偏ると2は二極化、0が分離となります。だからこそ、敵味方に二分することなく、共に未来を創る気持ちを忘れないことが幸福へつながります。

「5」の数字を味方にしたカラーや開運行動

「5」を開運に生かす方法があります。たとえば、ラッキーカラーとして身につけるのはいかがでしょう。

「5」の色は緑ですが、より効果的なのは2000年代のキーナンバー、「2」の色、白を合わせた女性らしい爽やかなミントグリーンです。

「5」を象ったアクセサリーをつけたり、ホテルの部屋や飛行機、列車の座席を「5」にこだわったり、五角形のイシス水晶を飾るのもおすすめです。

下記の動画から、小林先生の「2021年を数秘で読む」をご覧いただけます。

監修/小林朋子 取材・文/小倉理加 イラスト/浜野史子

『家庭画報』2021年2月号 別冊付録「2021年決定版 開運・招福術」掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading