暮らしのヒント

“モバイル”の域を超えた、高画質・高音質プロジェクター「XGIMIHalo」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、家庭画報編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

プロジェクター「XGIMIHalo」

モバイルを超えた上質な映像体験が叶うプロジェクター「XGIMIHalo」。

最高輝度は800ANSIルーメンで、モバイルプロジェクターの主流150~200ANSIルーメンをはるかに上回ります。そこに高解像技術を合わせ、鮮やかなビジュアル投影を実現。

更に、オーディオメーカー「Harman Kardon」との協業で搭載した2基の5Wスピーカーが、劇場のような迫力のサウンドを生み出します。

プロジェクター「XGIMIHalo」

もちろん、113.5×145×171.5ミリのコンパクトさに大容量バッテリーと、“持ち運び用”としても優秀。

リビングで賑やかに観るのもいいけれど、たまには自室で静かにお気に入りの映画を……。家で過ごす時間をより充実させてくれるアイテムです。8万8000円。

Information

ビーラボ

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年10月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading