暮らしのヒント

1月の要注意日は?1月2日~11日 ジョニー楓の「運気予報」月間・星占い2019

1月の要注意日1

ジョニー楓の「運気予報」 惑星の配置や動きを読み解くことで、運気は天気と同じように「予報」することができます。この連載は、ジョニー楓さんが毎月の運勢をお知らせする「運気予報」。決断の時期や、気をつけたいことなど、あなたの「今日」にお役立てください。記事一覧へ>>

・1月2日~11日 物事が動き出す
・1月20日~21日 後先を考えずに行動するのは注意(1/17配信)
・1月22日~25日 諦めなければ何かしらのヒントが生まれる(1/21配信)

2019年1月の全体運はこちらから

1月2~11日
物事が動き出す

1月2~3日
受け入れることを避けられない
出来事が起こりそう

~火星が牡羊座入り、太陽と土星が山羊座でコンジャンクション、火星とスクエア~

1月は大きなトピックが前半に集中しています。

年明け早々に起こるのが、2日の火星・牡羊座入り。そして、3日に山羊座の土星と太陽が重なる(※1コンジャンクション)ところへ火星が悪い角度(※2スクエア)を取ります。

これは、「置かれている状況に対して、嫌だけれど動かざるを得ない」ことが起きるイメージ。

火星は牡羊座に入り「衝動」のエネルギーが強まります。しかも「目的意識」を司る太陽と「試練・制限」を司る土星に対して徐々にハードな角度を形成していきます。

「目的意識」に「制限や試練」がのしかかってきますから、

例えば、少し極端ですが、今まで朝は10時までに出社すればよかった人が、いきなり“明日からは8時に来てください”といわれるような、ショックな出来事があるかもしれません。

他にも土星を「責任」と読むなら、生き方に責任を問うような出来事があるとも読めます。

そして、それは誤魔化したり、先延ばしにしたりはできず、やるしかなさそうです。

さらに、土星と太陽が重なる(※1コンジャンクション)ので、「ここで決めた路線で、この一年は進む」という、一年を象徴するような出来事が起こる、あるいは思いが浮かぶかもしれません。

次のページで7日~の運勢をお伝えします。

※1 コンジャンクション ・・・0度の角度を取る惑星の配置のこと。
※2スクエア ・・・90度の角度を取る惑星の配置のこと。

次のページ

7日~の運気予報

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月28日(金)発売

開運・招福別冊付録つき!『家庭画報』2019年2月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading