暮らしのヒント

話題のリモート接客システム「ライブコール」で、自宅にいながら銀座パーソナルショッピングを体験

今、話題のリモート接客システム「ライブコール」で自宅にいながら銀座ショッピングが楽しめるオンラインサービスをご紹介します。

〔目次〕
・「ライブコール」とは? 和光、ボッテガ・ヴェネタでも導入→このページ

アプリ不要で簡単! 使い方を解説します→2ページ目

デジタルが苦手でも大丈夫?担当者に聞きました→3ページ目

「ライブコール」とは?

オンライン接客のライブコールとは?
ブラウザ上で、簡単かつ高品質なビデオ通話を実現する遠隔コミュニケーションサービス。ビデオ通話という非接触、非対面の形ながら、お客さまとショップとの細やかなコミュニケーションを築くことが可能です。

オンライン接客 ライブコール

オンラインで銀座パーソナルショッピングを体験

「和光ホームページの『オンライン コンシェルジュ』のバナーをクリックしていただいた瞬間に、いつものように和光の館内に入ったと思っていただければ」と和光 DX推進室の安西美幸さん。ビデオ通話でお客さまとショップをつなぐ「ライブコール」のオンライン接客システムは、実に簡単(次ページ参照>>)。

和光や「ボッテガ・ヴェネタ」など、多くのお店が導入しています。お店のかたが画面を通して、店内や希望の商品を見せてくれるので、リアルなお買い物と同じような感覚で品物を選べます。

「お客さまのご要望に応えて、スマートフォンで売り場をくまなく映したり、お品の近くに寄ってディテールをお見せしたり。遠方の顧客のかたからも、久しぶりにお店の雰囲気が味わえた、と喜んでいただいています」(安西さん)。

オンラインで商品を検討してから、来店して購入というお客さまもいらっしゃるとか。自宅でくつろぎながら銀座でのお買い物ができる、素敵な時代の到来です。


和光(銀座4丁目)

和光本館では地階の室内装飾品から4階の紳士用品の各売り場までオンラインショッピングが可能。簡単な「ワンクリックタイプ」(次ページ参照>>)のため、予約も不要です。お客さまのお買い物時間は平均して20分前後だそう。

今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」お客さまが希望するアイテムを画面を通して1点ずつ丁寧にご紹介。

今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」チェックしたいポイントはリクエストを受け、アップで撮影。

今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」ディテールや質感などもリアルな感覚で確認できます。

今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」
和光独自の商品も「ライブコール」で。チェストなど大きなものからジュエリーまで。店頭にある商品なら、すべてこのサービスでお買い物できます。右から・クロック13万2000円、瀧澤利夫作ロックグラス3万3000円、リモージュボックス4万1800円。

和光
東京都中央区銀座4-5-11 電話:03(3562)2111 営業時間:10時30分~19時 無休(年末年始を除く)

和光のオンライン接客を体験する>>


ボッテガ・ヴェネタ(銀座5丁目)

この春、「ライブコール」のオンライン接客を導入した銀座フラッグシップ。家庭画報本誌編集長・千葉由希子がいち早く、そのサービスを体験しました。

オンラインショッピング予約時に「イチ押しのニットを」とリクエストしていた千葉編集長。画面がつながると、担当のかたから簡単なご挨拶があり、おすすめニットやコーディネートが次々と提案されます。サイズや質感の質問にも映像を通じて具体的でわかりやすいお返事が。「お店に伺ったみたいでした」と編集長も大満足。
今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」まるでお店にいるかのように、トータルコーディネートを提案。お手持ちのスマートフォンで簡単にショッピングが楽しめます。

今、話題のリモート接客システム 「ライブコール」広々とした銀座店の中をオンラインツアー。

ボッテガ・ヴェネタ 銀座フラッグシップ
東京都中央区銀座5-6-1 営業時間:11時~20時 不定休 https://www.bottegaveneta.com/jajp/
(問)ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966

ボッテガ・ヴェネタのオンライン接客を予約する>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading