暮らしのヒント

4月はどんな運勢になる?ジョニー楓の「運気予報」月間・星占い2021

ジョニー楓の「運気予報」 惑星の配置や動きを読み解くことで、運気は天気と同じように「予報」することができます。ジョニー楓さんが毎月の運勢をお知らせ。決断の時期や気をつけたいことなど、あなたの「今日」にお役立てください。記事一覧へ>>

2021年4月の運気予報

――4月はどんな流れになるでしょう?

ジョニー楓さん:4月初旬は太陽と金星が近距離を保ったまま牡羊座を通過中です。また、4日には水星も牡羊座に入ります。

例年よりも“いいことが起こりそうだけれど、起こらない。でも起こりそうな気がする……”という気持ちに終始強く揺れそうな4月の初め。

また水星も牡羊座入りすることで「結果を急いだり」、もしくは「アプローチの方法が見えたり」、あるいは「見えていなかったことに気づけたり」、揺れる状況の中でもさらに動きが出てきそうな気がします。

例えば、“ずっと平社員のままだろうと思っていたけれど、若干役職が上がった”、“遊ばれていると思っていたけれど、ちゃんと付き合ってくれている”とか。

ただ、逆もしかりで“頑張ったから何らかの形で評価を期待したが、今回は見送りにされた”、“ちゃんと付き合っていると思っていたけれど、実は遊ばれているだけだった”とか。つまり主役なのか脇役なのかハッキリしてしまいそうなタイミングってわけです。

ただ、どちらにしろ具体性や主体性に欠けた牡羊座で起こることだから、良いことも悪いことも含め「まだまだ希望がある」と言えるし、「まだまだ不安定でアテにするのは早い」とも言えます。

また、9日には火星(衝動)と海王星(妄想)がハードアスペクト※1を作ります。

※1スクエア・・・90度の角度を取る惑星の配置のこと。

なので全然違うベクトルで、それぞれ「疑問や葛藤を抱えるようなことが起こったり、心をよぎったりする」気がします。

言ってもきっとわかってもらえないだろう、と思って「自ら妥協する」パターンもあれば、せっかく固まりそうな気持ちに対し、レビューとか余計なノイズを入れてしまって「途中で諦めてしまう」、あるいは「何も決められなくなる」パターンがあると思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年5月号4月1日発売

日本の「新緑遺産」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading