暮らしのヒント

3月の要注意日は?3月23日~25日ジョニー楓の「運気予報」月間・星占い2021

ジョニー楓の「運気予報」 惑星の配置や動きを読み解くことで、運気は天気と同じように「予報」することができます。ジョニー楓さんが毎月の運勢をお知らせ。決断の時期や気をつけたいことなど、あなたの「今日」にお役立てください。記事一覧へ>>

2021年3月の全体運はこちらから

2021年3月25日

~魚座の水星と双子座の火星がスクエア~

――この時期はどんな流れになるのでしょう。

ジョニー楓さん: 25日に魚座の水星と双子座の火星がハードな角度を取ります※1

※1スクエア・・・90度の角度を取る惑星の配置のこと。

「新しいもの」に気づきつつある魚座的な感受性に対し、「培った経験や印象」あるいは「情報」で測ろうとする双子座的思考が、ぶつかります。

つまり新たに生まれそうな感覚に、現実や事実がノイズを持ち込むわけです。

例えば、都内に家を買おうかなと思ったら、“これから不動産の値段が下がる”、もしくは“都内は治安が悪くなりそう”みたいな情報を聞いてしまうとか。

仕事で毎晩帰りが遅い夫に、“お疲れ様”と思っていたが、“本当に仕事で遅いのかしら?”とかいらぬ邪推をしてしまうとか。

自分の過去の経験や印象で、悟りかけた感覚をダメにしてしまうパターンもあれば、ネットあるいは第三者の余計な一言によって揺れてしまったり、傷ついてしまったりするパターンもある。

また魚座を「無意識の領域」とするなら、双子座火星の「歯に衣を着せぬ鋭い一言」が、誰かを悪気なく傷つけてしまうようなこともあるような気がする。

また逆もしかりで、他者のそんな一言で傷ついてしまうこともあるかもしれない。例えば、結婚している人の前で、“これからの時代に結婚なんて必要ないよね”とか、B型の人の前で、“B型の人って自己中だよね”とか。

感覚と思考のバランスが非常に難しい時期ですが、良くない想像や噂に惑わされず、かといって現実から目をそむけず。

また一言放つ前に、それはいまに適切な言葉か?もしくははそれを聞いた人はどう思うか?この時期は考えてからにしたほうがいい気がします。

ジョニー楓

雑誌連載や、個人セッションなど多岐にわたって活躍し、著名人からの鑑定の依頼も絶えない。タロットカードや、ダイスなども使い複合的に占う。https://ameblo.jp/ck-johnny/

2021年上半期(1~6月)の運勢

絵/植田志保(shiho-ueda.com/


感想・メッセージを募集中!・・・たくさんの感想・ジョニー楓さんへのメッセージをありがとうございます。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading