ライフスタイル

パーティでは茶箱でお茶のおもてなし。ふくいひろこさん流クリスマスの楽しみ方

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ 第4回 さまざまな分野で活躍する『家庭画報.com』ゆかりの皆さんに、クリスマスの過ごし方と注目のクリスマスケーキを伺いました。大切な人たちと過ごす一日をより楽しくするアイディアや、食卓を華やかに彩るケーキの情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

第4回
ふくいひろこさん

ふくい ひろこ/Hiroko Fukui

京都市生まれ。茶道や京都関連本の編集者をつとめながら、自身の趣味として茶箱であそぶこと20余年。茶道具のみならず見立ての道具をふんだんに使い、日常で楽しむお茶を提案。ふくいひろこさんの連載「京都発 茶箱あそび、つれづれ」はこちらから>>


インドの子供たちと迎えたクリスマスの思い出

「10年ほど前、年末にインドに滞在していたことがあるのですが、その時のクリスマスを思い出します」とふくいひろこさん。「インド在住の友人夫婦が、恵まれない子供たちのために寄付金やお菓子などを届けていて、私も一緒に学校に行きました」

「前日は友人宅でお菓子の袋詰めを手伝わせてもらい、当日は学校へ。インドの可愛い子供たちが歓迎してくれて、その時、クリスマスは本来はそういう行事なのだということに改めて気づきました。私は付き添いではありましたが、あたたかな気持ちになり、幸せは誰かとシェアすることでもっと深くなると感じました」

ふくいさん流、パーティをもっと楽しむ方法とは?

「ホームパーティに呼ばれるときは、茶箱を持って行き、皆さんに一服差し上げています。お酒の合間の抹茶も楽しいですよ」とふくいさん。パーティの中でお茶の時間を挟むと、とても盛り上がるそう。

「私は茶箱で抹茶を点てることが多いのですが、お盆に茶碗を置いて点てるだけでもいいと思います。そのときまず見本を見せてから、周りの人にもお茶を点ててもらいます。海外の人や若い人たち、点て方のわからない人には方法をお教えしながら。ご存じの方はお任せで。今まで酔ってわいわい騒いでいた人が、急に神妙な顔をしてお茶を点てているのを見ると、なんだか楽しい気持ちになります。抹茶ですっきりとしたら、また飲む!(笑) エンドレスです」

パーティを彩るクリスマスケーキ。ふくいさんおすすめの逸品は?

パティスリー クリアン
「ブッシュ ド ノエル」

「ブッシュ ド ノエル」はデザインを変えて毎年販売。お問い合わせは店舗まで。※写真は2019年のもの

「マロンタルト」

2020年の「マロンタルト」の販売は未定。お問い合わせは店舗まで。※写真は2019年のもの

「このお店のケーキは、果物、卵、小麦粉など、地元の上質な素材をオーナーがこだわりながら選んで使っていて、本当においしい。複雑で深い味わいなのに、食べた後も胃もたれしません。さらに形が美しいものばかりでうっとりします。お店もフランスのお菓子屋さんに来たかと思うくらい素敵です」と話すふくいさん。「京都からは遠いのですが、ときどきここのケーキやパフェを食べに行くくらいお気に入りです」

●お問い合わせ
パティスリー クリアン
奈良県五條市田園4-1-5
電話 0747-26-2330
http://www.patisserie-client.jp/

ふくいひろこさんが注目するホテルの新作ケーキは?

ザ・リッツ・カールトン京都「サラ」

「サラ」5500円。

「濃厚なマロンに抹茶の苦みと香り、パッションフルーツの酸味という組み合わせがどんなお味なのか、とても気になります。デコレーションもすっきりしていて大人のクリスマスケーキだと思います」とふくいさん。

マロン、抹茶、パッションフルーツを組み合わせた、ピエール・エルメ・パリならではの独創的なハーモニーが特徴の「サラ」。ほろ苦い抹茶のガナッシュと、マロンのまろやかでデリケートな魅力が生かされたクリームやビスキュイ、パッションフルーツのはっとするほど強い酸味が見事に融合した一品。

●ケーキのご予約・お問い合わせ
ザ・リッツ・カールトン京都 ピエール・エルメ・パリ ブティック
京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔
電話 075-746-5522
https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/kyoto

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ(全10回)

01 横瀬多美保さんはどうしてる? クリスマスを豊かに過ごすアイディアと注目ケーキ

02 メキシコのクリスマスは陽気で華やか! 小林ひろ美さんの心に残る聖夜の過ごし方

03 宮澤奈々さんはクリスマスをどう楽しむ? 素敵なパーティの秘訣はテーマを決めること

04 パーティでは茶箱でお茶のおもてなし。ふくいひろこさん流クリスマスの楽しみ方

05 マラソンやビーガンスイーツ作りでアクティブに! 長谷川理恵さんのクリスマス

06 「フルール トレモロ」藤野幸信さんに聞く。心に残るクリスマスの贈り花

07 プレゼントはラッピングにも心を込めて。スタイリスト・おおさわ千春さんのクリスマス

08 フランスではクリスマスをどう過ごす? パリ在住の大島泉さんに聞きました

09 京都をあたたかく彩るチャリティーとライトアップ。西村晶子さんのクリスマス


【好評発売中!】
はじめての茶箱あそび
「自分だけのひと箱」の組みかた

お茶室がなくても茶箱一つあれば、どんな場所も「わたしの茶室」になる。「あそび茶箱」歴20年のふくいひろこさんが、これから茶箱を組んで気軽にお茶を楽しんでみたいという人の疑問に答えます。茶箱に入れる基本の道具の解説、TPO別の組みかたのバリエーションなど、役立つ情報が満載です。

水円舎
ホームページ:https://suiensha.com
Instagram:@suiensha

ふくいひろこさんの連載「京都発 茶箱あそび、つれづれ」を読む>>

表示価格はすべて税抜きです。

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading