ライフスタイル

「フルール トレモロ」藤野幸信さんに聞く。心に残るクリスマスの贈り花

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ 第6回 さまざまな分野で活躍する『家庭画報.com』ゆかりの皆さんに、クリスマスの過ごし方と注目のクリスマスケーキを伺いました。大切な人たちと過ごす一日をより楽しくするアイディアや、食卓を華やかに彩るケーキの情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

第6回
藤野幸信さん(フローリスト)

藤野 幸信/Yukinobu Fujino

広島市段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」のオーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道へ。クオリティの高い花、新しい花を求め、自ら生産者情報を入手して花を集める。その独創的なアレンジに全国からオーダーが届く。藤野さんの人気連載「365日の贈り花ダイアリー」はこちらから>>


藤野幸信さんの心に残るクリスマスの贈り花

大切な人へのプレゼントや恋人へのプロポーズのためなど、毎年クリスマスシーズンになると、藤野幸信さんのもとにはたくさんのオーダーが届きます。その中から、特に藤野さんの心に残っている贈り花のエピソードを教えていただきました。

「友人のボサノバ歌手のクリスマスコンサートで、会場の天井に大きなヤドリギを吊るしました。ヤドリギはヨーロッパで古くから神聖な木とされ、クリスマスに飾られます」

「長年花屋をしていると、クリスマスに結婚式を挙げたり、プロポーズをしたり、幸せなカップルのエピソードには事欠きません」と話す藤野さん。上の写真はクリスマスイブに恋人へプロポーズをするという人からのオーダーです。求婚の意味を持つという108本の赤いバラを束ねました。

「こちらはクリスマスイブが結婚記念日のご夫婦へのアレンジ。食事の席で、ご主人が奥さまにサプライズで贈ったボックスフラワーです。結婚式での装花を担当したご夫婦とのお付き合いが、その後も続くことがあります」

「お子さまの誕生や記念日、思い出の日にも花のご依頼があります。赤ちゃんが生まれ家族が増えたクリスマスに、可愛らしいツリーのオブジェをオーダーしていただきました」

「三越広島店のエントランスのクリスマスデコレーションのご依頼を受け、モミの木で作った大きな雪の結晶のオブジェを作りました」

藤野さんはクリスマスをどう過ごす?

「毎年クリスマスからお正月にかけては、花屋にとっては繁忙期です。なかなか子供たちと一緒に過ごすことができないのですが、クリスマスイブだけは早めに仕事を切り上げ、家族で食卓を囲めるようにしています」と話す藤野さん。

「普段から、お店で半端になった花や日にちがたった花があれば、自宅に持ち帰り、飾っています。生け方はシンプルに一輪挿しなどが多いです。日頃は大きな作品やブーケを束ねているので、自宅に飾るときは一輪一輪の花を愛でるようにし、枯れるまで楽しみます。花農家さんから試作でいただいた花を部屋に飾り、開花の状態や日持ちなどを確かめることもあります」

「クリスマスの飾りはシンプルに、あえて花は入れず、ヤドリギの枝やモミの木などグリーンだけを束ねてガラスベースに飾ります。家族が癒されるナチュラルなものを意識しています」と藤野さん。

「私たちは夫婦で花屋を営んでいるので、『特別な記念日だから』というきっかけでの贈り花はあまりしません。その代わり、何もない日でも市場で見つけた素敵な花などを束ねてプレゼントしていますよ」

聖夜を彩るケーキ。藤野さんお気に入りのパティスリーは?

MUSIMPANEN(ムッシムパネン)

「地元広島市内にある『MUSIMPANEN(ムッシムパネン)』というお店が好きです。ちょっと大人な味のケーキが多いので、クリスマスに利用するのは子供たちが大きくなってからかもしれませんが。普段からあるケーキも見た目が面白く、デザインにもこだわりがあると思います」と藤野さん。

広島市中区銀山町に店を構える「MUSIMPANEN(ムッシムパネン)」。豊かな緑に囲まれた入り口を入ると、店内のショーケースにはカラフルで美しいケーキが並びます。店内席のほか、川に面したテラス席で紅茶やコーヒーとともにケーキを楽しむこともできます。

●お問い合わせ
MUSIMPANEN(ムッシムパネン)
広島県広島市中区銀山町1-16
電話 082-246-0399

藤野さんが今年注目するホテルの新作ケーキは?

アマン東京「フォレノワール」

「フォレノワール」(直径12㎝)6200円、(直径15㎝)7800円。

「ダークトーンのグラデーションと立体感のあるデコレーションが美しいです。素材の個性が素敵に表現されていると感じました。ネーミングもシックで大人な雰囲気ですね。使用されているダークチェリーやビターチョコレートも、甘すぎない素材で私の好みです」と藤野さん。「ちりばめられた金箔も嫌みにならず、いいアクセントになっていると思います。秋冬のフラワーアレンジにも応用できそうな色使いと質感ですね」

フランス語で「黒い森」を意味する「フォレノワール」。キルシュを染み込ませたココア生地を口当たりのよい生クリームで包み、ビターチョコレートを削りかけました。ほのかなキルシュの香りと濃厚なチョコレートの風味が合わさった大人のクリスマスケーキです。

●ケーキのご予約・お問い合わせ
アマン東京
東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー
予約 受け渡し日の3日前まで
受け渡し期間 2020年12月1日(火)~25日(金)
電話 03-5224-3339(レストラン予約 10時~19時)
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ(全10回)

表示価格はすべて税抜きです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading