ライフスタイル

宮澤奈々さんはクリスマスをどう楽しむ? 素敵なパーティの秘訣はテーマを決めること

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ 第3回 さまざまな分野で活躍する『家庭画報』ゆかりの皆さんに、クリスマスの過ごし方と注目のクリスマスケーキを伺いました。大切な人たちと過ごす一日をより楽しくするアイディアや、食卓を華やかに彩るケーキの情報をお届けします。前回の記事はこちら>>

第3回
宮澤奈々さん(料理研究家)

撮影/福田久美子

宮澤 奈々/Nana Miyazawa
少人数会員制料理サロン「c’est très bon(セ・トレ・ボン)」を主宰。百貨店や企業とのコラボレーションイベントやセミナー講師、器のプロデュースをはじめ、料理研究家という枠にとらわれず、食空間のコーディネートにも才能を発揮する。宮澤奈々さんに教わる料理のレシピはこちらから>>


毎年3回はクリスマス会を開催! それぞれ異なる楽しみ方が

撮影/福田久美子

クリスマスには定番の過ごし方があるという宮澤奈々さん。「毎年3回は我が家でクリスマス会を開催していて、料理はほぼ私が作ります。1回目は友人たちと、大体8人から10人でパーティをします。毎年テーマやドレスコードなどを設け、ドリンクやチーズ、フルーツ、ケーキなどを持ち寄って楽しみます」

撮影/福田久美子

昨年のテーマは「RED Party」だったそう。赤で統一したインテリアや料理の色使いに、クリスマスムードが高まります。

撮影/福田久美子

友人が集まるパーティでは、いつもフィンガーフードのような料理をたくさん用意するという宮澤さん。小さな器の中に美しく盛りつけられた料理は、ゲストにもとても喜ばれるとか。

撮影/福田久美子

「2回目のパーティはワイン好きのご夫妻を招待しての大人のクリスマス。メニューを事前に伝えると、それに合わせたワインを選んで持ってきてくださるので、料理にも力が入ります」と宮澤さん。

「ブルーオマールのソテーアメリケーヌソース」。

「マリアージュがぴったりなときに、『これ合うね!』なんて盛り上がりつつゆっくりと、飲みながら食べながら楽しみます」。昨年のパーティでは、特にうにの冷製パスタ、ブルーオマール、サーモンのマリネが好評だったそう。

「サーモンのマリネ」。宮澤さんに教わるサーモンのマリネの作り方はこちら>>の記事から。

「そして3回目はチキンを焼いて夫婦で穏やかに過ごす、というのが毎年の過ごし方です」

今年のクリスマスはどう過ごす? 定番のケーキとともに伺いました

「今年は友人を呼んでのパーティは難しそうなので、家族2人でおいしいお肉でも焼いてゆっくり過ごすつもりです。インテリアは落ち着いたイメージで、いつものようにツリーにオーナメントを下げて」

「レストランではなかなか食べられないシャトーブリアンを食べたいですね。2人だけなので大きいものは食べられないですが、可愛いケーキもあれば嬉しいです」と宮澤さん。シンプルでお洒落なところが気に入り、ここ数年は毎年「ジャン=ポール・エヴァン」のクリスマスケーキをオーダーしていたそう。

ジャン=ポール・エヴァン「ビュッシュ ポップカー」

「ビュッシュ ポップカー」6000円。

今年の「ジャン=ポール・エヴァン」のテーマはポップアート。冷凍配送でおうちに届く「ビュッシュ ポップカー」は、遊び心あふれるデザインが特徴のガトーです。ペルー産カカオを使用した濃厚なチョコレートムースに、パッションフルーツ風味のガナッシュとビスキュイショコラ、さくさくとしたミルクチョコレートとヘーゼルナッツのサブレを合わせた一品。

●ケーキのご予約・お問い合わせ
伊勢丹新宿店
東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館地下1階
クリスマスケーキの予約期間 ~2020年12月13日(日)※掲載のケーキは12月8日(火)まで
https://isetan.mistore.jp/cake/

宮澤奈々さんが今年注目するホテルの新作ケーキは?

パレスホテル東京「シャポー」

「シャポー」(直径20×高さ16㎝)1万8000円。※限定30個

「リュバーブも大好きですし、まずビジュアルに惹かれました」と宮澤さん。

深紅のニットキャップを模したデコレーションが印象的な「シャポー」。中に隠れているのは、リュバーブジュレと苺のコンソメを染み込ませたビスキュイを、ホワイトチョコレートムースで包んだケーキです。帽子に施されたデザインの繊細さと、帽子を外したときのサプライズ感が特別な日を一層盛り上げます。

●ケーキのご予約・お問い合わせ
ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京地下1階
販売期間 2020年12月21日(月)~25日(金)
予約受付 購入日の3日前まで
電話 03-3211-5320
www.palacehoteltokyo.com/shop

あの人はどうしてる? 十人十色のクリスマスと逸品ケーキ(全10回)

01 横瀬多美保さんはどうしてる? クリスマスを豊かに過ごすアイディアと注目ケーキ

02 メキシコのクリスマスは陽気で華やか! 小林ひろ美さんの心に残る聖夜の過ごし方

03 宮澤奈々さんはクリスマスをどう楽しむ? 素敵なパーティの秘訣はテーマを決めること

04 パーティでは茶箱でお茶のおもてなし。ふくいひろこさん流クリスマスの楽しみ方

05 マラソンやビーガンスイーツ作りでアクティブに! 長谷川理恵さんのクリスマス

06 「フルール トレモロ」藤野幸信さんに聞く。心に残るクリスマスの贈り花

07 プレゼントはラッピングにも心を込めて。スタイリスト・おおさわ千春さんのクリスマス

08 フランスではクリスマスをどう過ごす? パリ在住の大島泉さんに聞きました

09 京都をあたたかく彩るチャリティーとライトアップ。西村晶子さんのクリスマス


好評発売中
『素敵なおもてなしのプレゼンテーション』

素敵なおもてなしのプレゼンテーション
『家庭画報』の人気連載が一冊の本になりました! 四季折々のおもてなし料理のレシピ&アレンジ例、盛りつけのヒント、テーブルセッティングのアイディアなど、“記憶に残るおもてなし”を叶えるプレゼンテーション術をたっぷりご紹介。宮澤奈々さんが“魅せる”レシピ、盛りつけ、切り方、ラッピングのすべてを教えます。

宮澤奈々さんの記事をもっと読む>>

表示価格はすべて税抜きです。

家庭画報 最新号

2021年1月号 12月1日発売

しあわせ満ちる開運の地へ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading