ライフスタイル

ダウントン・アビーのお城でクリスマスイベントが開催!ハイクレア城の聖なる夜

ハイクレア城に暮らす クリスマス特別編

ハイクレア城に暮らす ドラマ『ダウントン・アビー』で一躍脚光を浴びた英国ハイクレア城。その城に今も住む第8代カナーヴォン伯爵家のライフスタイルを、英国フリーライター山形優子フットマンが取材。貴族の暮らしに息づく英国文化をご紹介します。(今までの連載はこちら) 今回はクリスマス特別編! 3回にわたって、ハイクレア城のクリスマスストーリーをお届けします。

ハイクレア城のクリスマス
Vol.1 アドベントの始まり

冬の夜空に映える、神秘的なハイクレア城。

魅惑的なハイクレア城のクリスマス

クリスマスまで、あと何日でしょうか。

キリストの誕生を祝う25日が来るのを待つ期間を「アドベント(待降節)」と言います。 アドベントの約4週間は、日曜日ごとにキャンドルに火をともし、静かに心の準備をするのが習わしです。

この頃になると、ハイクレア城には美しいモミの木が飾られます。朝、モミの木を満載したトラクターが到着。ドライブウェイ用に20本、前庭用に8本、そして玄関の両側用にも2本。

アドベント・キャンドルと呼ばれる4本のローソクは、25日前の4回ある日曜日を象徴。一番短いのが第1日曜日につけたもの。

ハイクレア城に運ばれるモミの木

男性が数人がかりで、トラクターからクリスマスツリーを運ぶ。

7mのクリスマスツリー

加えて、一番大切なのは『ダウントン・アビー』のクリスマスシーンでもおなじみ、吹き抜けのサロンに飾る高さ7m近くのモミの木です。

レディ・フィオーナは「去年は9mのが届き、仕方なく上のほうを剪定したの」と笑いました。あまりの高さに、はしごをかけてツリーを飾ります。

「年に1度、オーナメントを箱の中から一つひとつ取り出して飾りつけると、遠い子供時代の楽しかったクリスマスの思い出が蘇ってきます」とレディ・フィオーナ。

やがて城の中は、モミの木が発する「12月の香り」でいっぱいに。1年の終わりにふさわしい清らかな香りです。

ライトをつければクリスマスツリーの装いが完成。

吹き抜けのサロンに設置した大きなツリーを、はしごを使って飾るスタッフ。

デコレーションで館内をクリスマスムード一色に

クリスマスの飾り付けはモミの木だけではありません。

ドアにはリース、樫の木製の階段の手すりには、緑に赤い実をあしらったガーランドを巻きつけます。

「英国のクリスマス・デコレーションの歴史はヴィクトリア時代に始まりました。ハイクレアの飾り付けも、当時からの伝統を大切にしています」とレディ・フィオーナ。

ハイクレア城の大階段

緑は永遠を、赤い実はキリストの愛を象徴しています。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading