ライフスタイル

今森光彦さん、農家になる。美しい土手をよみがえらせるために

環境農家への道 アトリエ「オーレリアンの庭」で知られる写真家で切り絵作家の今森光彦さん。理想とする里山を実現するべく、自ら農業従事者となり数年前に荒地を取得。その荒野を「オーレリアンの丘」と名付け、たくさんの蝶が集う美しい場所とすべく奔走する、今森光彦さんのエッセイです。これまでの記事はこちら>>

落葉したウリハダカエ デが美しい絨毯をつくる。橙色から黄色に色づ くので、アトリエではたいせつな樹木。

今森光彦、環境農家への道
第21回 美しい土手をよみがえらせるために

(写真・文/今森光彦)

冷たい風が田園をわたってゆく。比良山の頂も急に白く輝きはじめた。こんなときでもアトリエの庭は、南に面しているので北風の影響を受けることが少なく、晴れると 暖かい。

季節行事になっている野焼きや焚き火には、もってこいの空間。ぱちぱちと音を立てる炎と遊ぶひとときは、何ものにも代えがたい。

毎年の恒例行事、庭の野焼き。宿根草は地上部を刈り取って、しばらく乾燥してから燃やすようにしている。香ばしい匂いに包まれるこの作業は、とても楽しい。

開墾したばかりの農地は、地肌があらわになって荒野のような様相になった。でも、 自然の力はすごいもので、翌年からすさま じい勢いで、様々な種類の野草がはびこるようになった。

普通なら、雑草として敬遠されることうけあいだが、私の場合は大歓迎。野草たちが土地を潤してくれると思っ ているので、地面が生き返ったような喜びがある。 ただ私の場合は、野草の環境にはこだわ りがある。それは、草地と土手に分けて考えていること。

草地も土手も、漠然と見ている分には、何も変わりはない。一般の人 には、ただ草がたくさん生えているだけにしか見えないだろう。

しかし私にとっては、 まったく意味が違う。

雑木林やはさ木などの剪定も12月からはじまる。枝打ちした枝は、束ねて林床に置くこともあるし、焚き火に使うこともある。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading