ライフスタイル

今森光彦さん、農家になる。カラスザンショウの木

前回まで)理想の里山を実現するため、農家になる決意をした今森さん。たくさんの蝶が舞う豊かな環境づくりに、欠かせない植物とはいったい何でしょう。

今森光彦 環境農家への道
第16回 カラスザンショウの木

(写真・文/今森光彦)

今回の農地では、さらに重要な植物を植栽計画にいれている。その植物は、カラスザンショウ。

カラスザンショウは、里山に自生するミカン科の植物で、生長すると高木になる。珍しい植物ではないが、食用にはならないので、名前を言っても知っている人は少ない。

カラスザンショウ

カラスザンショウの木。

しかし、この植物、驚くべき能力をもっている。なんと5種類のアゲハチョウに食料を提供できるのだ。

愛蝶家ならだれもが一目置く存在だが、植木屋さんが扱わないので、自生しているものを地取りするしかない。花のあとの実は、野鳥が好んで食べるため、拡散する。 野山で実生が発芽して1?3年くらいの幼木を発見したら、植栽のチャンスだ。

高木になるカラスザンショウは、アゲハチョウの仲間にとって大切な木なので、レイアウトを決めて計画的に移植する。

しかし、荒れた土地に芽を出すくらいの逞しさをもっているのに、植替えをすると枯れてしまうことがよくある。意外にデリケートなのでとても慎重に扱わなくてはいけない。

カラスザンショウは、2年の間に農地の各所に植え付けたが、今のところ、どの木も順調に育っているので生長が楽しみだ。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年11月号 10月1日(月)発売!

京都・奈良 錦秋の二都物語

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading