ライフスタイル

今森光彦さん、農家になる。伐採した木々を競りにかけたら

前回まで)理想の里山を求めて農家になる決意をした今森さん。生き物の住処を作るのに必要な作業のため、涙をのんで木々を伐採します。

今森光彦 環境農家への道
第12回 伐採した木々を競りにかけたら

今森光彦さん

部屋の中で、剪定したばかりの園芸種のユリをいける。花は、できるだけ飾るようにしている。

(写真・文/今森光彦)

伐採する木の数は、何百本にもなる、いったいどうするべきか。表情を曇らせる私をみて、農家の西村さんが、名案を出してくれた。

それは、伐採したスギやヒノキを貯木場へ運び、競りにかけてはどうか、そうすれば、だれかが、何かの役に立ててくれるはずだというのである。

それと、もうひとつ、仰木(おおぎ)祭りのときに使う流鏑馬(やぶさめ)の的として、ヒノキを献上してはどうかという。

私は、思いもよらなかった2つのアイデアをそのまま実行することにした。伐採したスギやヒノキは、太くて姿の良いものは4tトラックに載せた。

結局一度に積みきれずに二往復することになったが、竹の根掘りを手伝ってもらった仰木の材木屋さんの力を借りて、なんとか、材木の集積場に運び込んだ。

木の切り口には、今森の“今”のマーク。 出荷するときには、この目印がないと、貯木場で膨大な数の他の木々に紛れてしまう。

競りは、数日後に行われ、私も立ち会った。はじめての経験だったので、けっこう緊張感があった。まるで、魚屋さんの競り市さながらで、競り人の迫力ある声が、広い空に響き渡った。

結論をいうと、私が売りに出した木々は完売したが、価格の方は、低調に終わった。どれほど低調かというと、手伝ってもらった人のお礼やトラックのチャーター料金などを差し引くと、ほとんど何も残らない、というありさまだ。

あれほど手間をかけて出荷したのに、この結末。日本の材木が、こんなにも価値の無いものになってしまったことに驚いた。農家の人が山の木々を見放す理由を、身をもって実感した。

木の競りの様子

伐採した木は、県内にある木材の競り市に出品した。どんな人が買うのだろう、何に使うのだろう、と興味津津の一日だった。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading