ライフスタイル

英国貴族と馬。レディ・フィオーナの愛馬はアラブ馬の「フィーブ」

英国ハイクレア城に暮らすVol.10【最終回】

ハイクレア城に暮らす ドラマ『ダウントン・アビー』で一躍脚光を浴びた英国ハイクレア城。その城に今も住む第8代カナーヴォン伯爵家の人びとのライフスタイルを、英国フリーライター山形優子フットマンが取材。貴族の暮らしに息づく英国文化をご紹介します。水曜更新。(今までの連載はこちら)

 

カナーヴォン伯爵一家と馬

城の景観は、馬上からの視点でデザイン

ランドスケープ・ガーデンとして有名なハイクレア城の雄大な景観は、実は「馬上からの視点でデザインされたもの」だそうです。

この地形デザインを請け負ったのは、英国が誇る18世紀の造園家ケイパビリティ・ブラウン。ハイクレアはもちろん、ヘンリー8世所縁の城ハンプトン・コートの庭の一部など、英国中に170か所に及ぶ名園を造った偉人です。

ハイクレア城の広大な庭ケイパビリティ・ブラウンの植えたレバノン杉が城と見事に調和。

ブラウンは56本のレバノン杉の苗を、巨木に育った姿を想像しながら、ハイクレアの要所要所に植林。現在の、天に向かって大きく広げられた深緑の傘のような樹を見るたび、彼の先見の明に感服せざるを得ません。城へ向かう馬車の窓から眺めたドラマチックな光景に客人は、さぞ圧倒されたことでしょう。

もちろん、伯爵夫妻もこの景観を馬上から楽しみます。今回は、英国貴族にとって欠かすことのできない動物、ハイクレア城の馬たちの物語をご紹介しましょう。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年10月号 9月1日(土)発売!

銀座の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading