ライフスタイル

軽井沢で見つけた新たな夢。カーリングで世界を目指す、瀧本裕香さんの軽井沢ライフ

軽井沢の秘密 第3回(全25回) ならせる美味、軽井沢人だけが知るスポットなど、知られざる軽井沢の秘密に迫ります。前回の記事はこちら>>

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す

瀧本裕香さん(主婦・カーリング選手)

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す

【軽井沢生活7年目、カーリング中心の日々】家事を終え、カーリングの準備も万端の瀧本裕香さんは、テラスでほっと一息。一緒に練習をする高校生の次男・光さんの帰宅を待つ。

軽井沢ではカーリングは日常です

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す
狙いを定める瀧本さんの表情は凜々しく、かっこいい。よき練習相手の光さんは、世界を目指す母について「行けると思う」とエールを送る。

「森の中で暮らしたい」という夢を叶えて瀧本さん一家が移住した軽井沢は、カーリングが盛んな地。5月には地元のジュニアチームが世界選手権で優勝して話題になりました。

瀧本さんとカーリングの出会いは、先に競技を始めた息子さん2人がきっかけ。送迎で通っていた「軽井沢アイスパーク」のスタッフに誘われたのです。

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す

【町営「軽井沢アイスパーク」は、誰でもカーリングができる聖地】軽井沢アイスパークは国際大会も開催される日本最大級の通年型カーリングホール。初心者も気軽に参加できる体験レッスンは老若男女に大人気。●軽井沢アイスパーク 長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1154-1 TEL:0267(48)5555

15~16世紀にスコットランドで生まれたとされるカーリングは、もともと紳士がスコッチウイスキーを飲みながら興じていたスポーツ。試合後に勝ったチームが負けたチームにビールをご馳走する「アフターカーリング」の文化があり、コロナ禍前は瀧本さんたちも愉しんでいたといいます。

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す

試合後のビールは格別。

「おかげでたくさんの人と知り合うことができました」。競技の面白さに目覚め、カーリングチームに加入した瀧本さんは熱心に練習を重ね、3年目にして日本選手権に初出場。

現在も練習と体験レッスンの指導で、ほぼ毎日カーリングホールに通っています。

移住を機に始めたカーリングで世界を目指す

カーリングホールまでは車で約15分。

そんな瀧本さんの夢は「50歳を過ぎたら、50歳以上の選手が競う『世界シニアカーリング選手権』に出場すること」。

ご家族の応援も得てカーリングに打ち込む瀧本さん。夢を叶えて移住した軽井沢で、新たな夢を見つけました。

下のフォトギャラリーで詳しくご紹介します。

撮影/本誌・坂本正行 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading