ライフスタイル

趣味こそ人生。正統の華麗なる「軽井沢ライフ(田園生活)」を訪ねて

知られざる名門避暑地の愉しみ 軽井沢の秘密 第1回(全25回) 明治19年、西洋人によって拓かれた避暑地・軽井沢は、長らく「日本の中の異国」であり続けました。その特異性こそが、国際的な避暑地として、不動の地位を築き、数多いリゾートの中でも一歩突き抜けた名門避暑地たらしめる要因につながっています。恵まれた自然の中で、趣味や「森の生活」を愉しもうとする優雅なライフスタイル、食道楽をうならせる美味、軽井沢人だけが知るスポットなど、知られざる軽井沢の秘密に迫ります。

趣味こそ人生。正統の華麗なる「田園生活(軽井沢ライフ)」を訪ねて

浅間山

天皇陛下が5歳の時に登られた離山(テーブルマウンテン)
碓氷峠側から見る軽井沢のシンボルの一つ離山。頂部が平らなため外国人避暑客から「テーブルマウンテン」の愛称で親しまれた。標高1256メートル。登山口から頂上までは約1時間。「山好き」として知られる天皇陛下が、上皇陛下に手を引かれ、5歳の時に初めて登られた山。

浅間山

浅間山
楽々「E-bike」で浅間山麓を巡る愉しみ
起伏の少ない軽井沢はサイクリングにうってつけ。浅間山麓の6市町村が共同で推奨している「E-bike(電動アシストスポーツ自転車)」なら体力に自信のない人も安心だ。

明治19年、英国国教会の外国人宣教師らによって“避暑地”として見出された軽井沢。蒸し暑い日本の夏に耐えかねた西洋人が、冷涼な気候と西洋絵画的な風景に魅せられ、コミュニティを形成したことで、軽井沢は長らく「日本の中の西洋」であり続けました。

パンやハム、ジャムなどの欧風食材、レタスのような高原野菜、ベッドやバスタブなどの洋家具など、洋式の生活に必要なものは、すべて外国人たちによって手ずからこの地の住人に伝えられ、紛い物ではない本物の洋風生活がここに根づきました。

その中の一つに「健康保養地」や「バカンス」という概念、豊かな自然を背景とするレクリエーションや趣味を愉しもうとする西洋式のリゾートライフがあります。

正装をまとい家族で愉しむ登山やピクニック、テニスやゴルフ、乗馬といった英国式のスポーツ文化、別荘庭園でのガーデンパーティや音楽会など、外国人が持ち込んだ華やかな流儀は、やがて外国人と交流を持つ当時の日本の上流階級にも普及し、軽井沢の別荘文化として定着していきます。

文明生活を離れ、家族ぐるみで「森の生活」を愉しむ――

軽井沢精神は、今も時代を超え、形を変えて正統な文化として受け継がれています。軽井沢人の密かな愉しみの現在進行形を追いました。(第2回へ続く)

〔特集〕軽井沢の秘密

撮影/本誌・坂本正行

『家庭画報』2022年8月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

【創刊777号記念】11月号 10月1日発売

家庭画報の手土産

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading