ライフスタイル

「七夕」がテーマの水墨画の集い。日本の行事を楽しむ、季節感溢れる演出を

夏を楽しむ アウトドアで大人遊び 第6回(全12回) 大人世代は別荘で、あるいは自宅のガーデンで、そして旅先で、自然に親しみながら、ゆったりとエレガントに、外遊びを楽しむのが今の気分。この夏、大人の女性の心が躍るアウトドアの魅力、より楽しむためのアイディアをお届けします。前回の記事はこちら>>

山本侑貴子さん
バケーションレンタルで集い、趣味の水墨画を楽しむ

バケーションレンタルで集い趣味の水墨画を楽しむ

海風抜ける開放的なテラスでシャンパーニュを片手に集う(左から)田中寛子さん、山本さん、中川理恵さん。テーブルランナーにした全紙判の和紙に笹を描いた水墨画は、下絵を描かずに一気に仕上げた山本さんの力作。

山本侑貴子さん

(やまもと・ゆきこ)食空間プロデューサー。「ダイニング&スタイル」代表。レストランや食空間、テーブルのコーディネートを手がける。モダンな色と優美な曲線で作るエレガントなセンスが人気。大のシャンパーニュ好きの一面も。

濃淡の墨で大胆に描かれた笹と竹の水墨画。黒いテーブルクロスの上にランナー代わりにのせると、ぐっとモダンな印象を醸します。山本侑貴子さんが水墨画を習い始めて8年ほど。長年、水墨画を趣味にされているご実家のお母さまの姿に憧れ、自らも筆をとるようになりました。

「まだまだ修業中ですが、墨をすったり筆を持つと心が落ち着きます。肩肘張るものと考えられがちな水墨画も、実はテーブルアレンジやおもてなしといった身近な場で楽しめるアイテムだと思うんです。季節感も演出しやすいですし。今日は湘南のバケーションレンタルをお借りして生徒さんと水墨画の集いと洒落込みました」。

海を望む広々としたテラスには、七夕をテーマにした山本さんの大小の作品を軸にしてシャンパン・アペリティフのテーブルを用意。色紙や扇子に描いたお気に入りの作品も、エントランスや踊り場など随所に飾っていきます。

バケーションレンタルで集い趣味の水墨画を楽しむ
左・今回借りたバケーションレンタルのインテリアはオフホワイトがベース。色を使った水墨画が美しく映える。右・エントランスには夏向きの扇子と花を飾り、ゲストをお迎え。ガラスのオブジェと涼やかにマッチ。

館内はまるで小さなプライベート美術館といった趣に、山本さんもにっこり。いつもと違うシチュエーションを気軽に演出できるバケーションレンタルは、大人の趣味の集いに最適の空間といえるでしょう。

水墨画を主役に季節感溢れる演出を

「まず濃い墨で笹の葉を描いてみましょうか。先のほうをすっと伸ばすと笹らしいシルエットになりますよ」との山本侑貴子さんの言葉に、中川さんと田中さんも短冊に筆ペンを走らせます。

バケーションレンタルで集い趣味の水墨画を楽しむ

「グレーがかったものから藍系まで、墨の色合いの多様さにも心惹かれます」。今回は、お母さまからいただいた墨を使用。

バケーションレンタルで集い趣味の水墨画を楽しむ

庭とテラス、オープンエアでみんなで過ごせる場所が2か所あるのも今回のバケーションレンタルを選んだポイント。庭で水墨画のレッスンをする山本さん(奥)。ゲストお二人は濃淡2本の筆ペンを使っての挑戦。

お楽しみのアペロタイムの前には、ガーデンで水墨画のプチレッスン。これも今回の集いの大切な目的です。

最初は「力の加減が難しいですね」、「笹に見えるかしら?」と緊張した面持ちのお二人もすぐに集中、5色の短冊に思い思いの笹があしらわれました。

庭で書いた短冊を笹に見立てた枝に飾って。「短冊にはお稽古事の上達をお願いすることを書くのがいいと聞きました」。

「大人になると七夕を意識することも少なくなりますが、やっぱりは大切に伝えていきたいもの。水墨画を学ぶことで、それぞれの季節を映す柄や文様の幅広さにも改めて触れることができました」。

食卓にあしらう水墨画も伝統的な季節の柄をモチーフにしながら、ときに黒とシルバーで、ときに薄墨と多色を合わせてと趣向に応じてアレンジ。山本さんらしいセンスが光ります。お土産には、アペロのテーブルにも飾った扇子を皆さんに。“末広がり”な縁起物で、今回のレッスンの集いを締めくくります。

下のフォトギャラリーで詳しくみる

Information

SAJIMA Funny House サジマファニーハウス

神奈川県横須賀市佐島3-12-41

  • 1棟2名利用から1泊6万円~
    IN15時/OUT11時

撮影/大泉省吾 取材・文/露木朋子

『家庭画報』2022年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 8月1日発売

次の九州は“美味しい”を訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading