ライフスタイル

ダウントン・アビーのロケ地ハイクレア城で、激動の人生を送った伯爵夫人たち

英国ハイクレア城に暮らすVol.2

英国フリーライター山形優子フットマンが、ドラマ「ダウントン・アビー」の舞台にもなったハイクレア城に住む現・伯爵夫人「レディ・フィオーナ」を取材した集中連載「ハイクレア城に暮らす」。第2回は、歴代公爵夫人の人生からこの城の歴史を紐解く。(今までの連載#ハイクレア城に暮らすを読む)


レディ フィオーナ

レディ・フィオーナの著書から

ハイクレア城の第8代伯爵夫人レディ・フィオーナは多才な女性です。会計士、ビジネスウーマン、そして執筆家でもあります。これまでにハイクレア城についての本を数冊出版されていて、どれも歴史に対する女性独特の優しい視点が印象的です。最近は料理本も出されました。

執筆のきっかけは、なんと落馬。足の骨折で寝たきりの日々、この際だから過去の伯爵夫人達、つまり自分の先輩達についての資料を読もうと彼女は思い立ち、バトラーに頼み古文庫から資料を取り寄せ、片っぱしから目を通しました。その結果2011年、第5伯爵夫人アルミーナ、2013年、第6代目伯爵夫人キャサリンの各伝記本を世に送りだしたのでした。

ハイクレア城の窮地を救った第5代目伯爵夫人 19歳でカナーヴォン家に嫁ぎ、社交界に君臨した第5代伯爵夫人アルミーナの物語『レディ・アルミーナ・本物のダウントン・アビー』(レディ・フィオーナ著)。

この本を読むと、ハイクレア城も「ダウントン・アビー」に劣らずドラマチックだったことが判ります。

代々の伯爵達の悩みの種は、館の維持費捻出でした。手っ取り早い一番の解決法は結婚による持参金獲得だったのです。

第5代伯爵は1895年大富豪ロスチャイルド家の娘といわれるアルミーナを娶りました。 アルミーナが19歳でカナーヴォン家に嫁入りした際、彼女の実父であるといわれるアルフレッド・ド・ロスチャイルドは、カナーヴォン家の借金20万ドルを肩代わりし、さらに持参金80万ドルを用意しました。

結婚後も第5代伯爵が湯水のように私財を投じ、エジプトで考古学者ハワード・カーターと共にツタンカーメン王の墓を発掘できたのも、妻の実家ロスチャイルド家の金力の賜物です。

今の第8代伯爵とレディ・フィオーナは、城の地下室に第5代目の世界的発見を称え、エジプシャン・ギャラリーを開設しました。

5代目伯爵

第5代カナーヴォン伯爵・ツタンカーメン発掘で有名に。

ツタンカーメンの墓を発掘した第5代伯爵(写真右)。

アルミーナ夫人

第5代伯爵夫人アルミーナはアルフレッド・ド・ロスチャイルドの娘といわれる。

ハイクレア城のギャラリー

ハイクレア城の地下室には、エジプシャン・ギャラリーが。

家庭画報 最新号

家庭画報2018年3月号

2018年3月号 2月1日(木)発売!

羽生結弦選手関連の特別付録つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading