ライフスタイル

ルボンボン優子さんのクリスマス支度。素敵なデコレーション&手作りリース

ルボンボン優子さん 聖夜の素敵なデコレーション 第1回(全3回) 家は家族との幸せな時間を過ごす場所。そこで紡がれる思い出は、家の空気感となり住む人に安らぎや生きる歓びをもたらします。毎年、心弾むデコレーションで自宅を飾り、家族と一緒にクリスマスを楽しく過ごすルボンボン優子さんを訪ねました。

ルボンボン優子さんのクリスマス支度 聖夜の素敵なデコレーション

高さが3メートル以上あるクリスマスツリーは、本物のモミの木と見紛うような作り。刺繡が施されたハンドメイドのものや鳥かご型など、飾られているオーナメントの数は100を超える。壁面の大きな鏡に映り込む様子も美しい。

クリスマスの準備はリース作りから始まる

心を潤してくれる“好きなもの”に囲まれ、日々の暮らしを愛しむ気持ちに満ちたルボンボン優子さんの家は、クリスマスシーズンが近づくにつれ、あたたかみ溢れるデコレーションで彩られます。

「季節に沿ってしつらいを替えていますが、クリスマスに向けた10月の終わりから12月にかけてが、一年の中でもいちばん楽しいとき。自分も一年頑張ったし、年の最後はお家をきれいに飾ってあげたいという気持ちもあって」と、優子さんは話します。

ルボンボン優子さんのクリスマス支度 聖夜の素敵なデコレーション
ルボンボン優子さん
ヨーロッパやアジアから輸入するインテリアアイテムやテーブルウェアを中心としたセレクトブランド「ルボンボン」のオーナー。海外生活で磨かれた感性や、東西の美が融合する独自の世界観にファンが多い。日々の暮らしを発信するインスタグラムも人気。

クリスマス支度は秋が深まる頃、リース作りから始まります。愛犬のフレディと一緒に向かうのは近くの公園。四季の移ろいを感じながら、材料の一部となる松ぼっくりや木の実を集めます。

手作りリースは、アーティフィシャルフラワーや金属製リースを土台に利用することで、難しいテクニックなしでできるのがポイント。好みの飾りをつけて、少しずつ仕上げていくのも心浮き立つひとときなのだそう。

部屋の所々に飾られたリースとともにクリスマスムードをぐっと高めているのが、見上げるほどに大きなツリーです。20年以上かけて集めてきたというオーナメントの煌めきが、家族でくつろぐリビングに、この時期らしい華やぎを奏でます。

ルボンボン優子さんのクリスマス支度 聖夜の素敵なデコレーション

多彩な素材のリース作りの材料を、シルバーのトレーに並べて。

ルボンボン優子さんのクリスマス支度 聖夜の素敵なデコレーション

お互い用意し合ういくつものプレゼントは、ツリーの足元に。25日の朝、家族全員で開けるのがお約束。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2022年2月号

2月号 12月27日発売

心を癒す温泉宿

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading