インテリア

ついつい長風呂になってしまう「極楽バスルーム」最新情報

ゆったり、あったか長風呂のすすめ 「感動のバスルーム拝見」第7回(全9回) おうち時間が長くなっている今、家の中で、どう楽しく心豊かに過ごすかは、日々の暮らしの大きなテーマとなっています。温水浴を習慣とする日本人にとってお風呂は単に衛生のためだけでなく、心身を癒やすくつろぎのためのもの。ストレスを取り除き、明日への英気を養ってくれる─ ちょっと贅沢で優雅なバスタイムを考えます。前回の記事はこちら>>

ついつい長風呂になってしまう極楽バスルーム情報

世界的デザイナー、P・スタルクは「バスルームは濡れたリビングだ」といったそうです。自宅のお風呂を、単に体を清潔に保つ場所ではなく、リラックスできる豊かな空間、家族とコミュニケーションを深める場、さらに健康維持や美容の場へと高めるための最新設備を紹介します。

バスタブ

インテリアを決定づけ、直接肌に触れるバスタブはソファを選ぶように吟味したいもの。進化著しいユニットバスを含め、最上級品を厳選しました。

和のバスタブ

デザイン力と技術を結集した美しい曲面の木製風呂
檜創建[O-Bath]

ついつい長風呂になってしまう 極楽バスルーム情報 Bathtub
伊豆下田温泉の「黒船ホテル」に採用された「O-Bath D」。

ついつい長風呂になってしまう 極楽バスルーム情報 Bathtub

FRP防水層を木でサンドイッチすることで、丸い桶風呂には不可欠だった金属のタガをなくした美しい曲面のバスタブ。デザインはプロダクトデザイナーの川上元美さん。

「O-Bath mugen」170×100×50センチ 木曽ヒノキ198万円 青森ヒバ150万円 檜創建 TEL:0573(75)5400


隈 研吾デザインによる木と石の贅沢な最新ユニットバス
アステック[WABURO KUMA]

ついつい長風呂になってしまう 極楽バスルーム情報 Bathtub
建築家の隈 研吾さんがデザインした贅沢なユニットバス。浴室と洗面室がガラスでシームレスにつながり、壁は一枚板から削り出したヒノキの縦格子、連続する浴槽・カウンター・洗面台はスイスの天然石。168×412×226.3センチ(基本サイズ)約2000万円~ アステック TEL:03(6435)4726


ユニットでも実現できるヒノキ風呂と洗面ボウル
檜創建[システムバス HINOKI SUITE]

ついつい長風呂になってしまう 極楽バスルーム情報 Bathtub
ユニットバスの防水性や工期短縮という利点を生かしつつ、戸建てだけでなくマンションでも可能なヒノキ風呂を実現。写真は洗面室が一体で洗面器も木曽ヒノキ製という、シリーズ中でも最高級の「HINOKI SUITE suki-ya」。178.8×363.8×220センチ(基本サイズ) 1200万円~ 檜創建 TEL:0573(75)5400

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年5月号4月1日発売

日本の「新緑遺産」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading