インテリア

ダイニングや書斎でお茶を楽しめる「京指物」の持ち運べる茶箱

家庭画報の公式通販「家庭画報ショッピングサロン」が京の匠と作った、with コロナを美しく暮らす「京指物の生活道具」をご紹介します。食後のお茶の時間は優雅に過ごしたいもの。京指物で作ったこの茶箱は、感染予防を意識して、喚気のできる空間に持ち出せるようコンパクトなサイズにしました。ダイニングのお供として、いつでも準備しておきたい道具です。

ダイニングやリビング、書斎などのいろいろな場所でお茶を楽しみたいときに大活躍するコンパクトサイズの茶箱。木地には吉野杉を用い、京指物の技術を駆使した、無駄なく洗練されたつくりに仕立てられています。木目の美しさと調和のとれた金彩銀彩の文様をあしらった落とし戸がモダンな印象を醸し出します。洋食器の収納や洋の空間に置いてもしっくりなじみます。

■商品開発監修は、インテリアスタイリスト横瀬 多美保 さん

『家庭画報』でおなじみのインテリアスタイリスト。新旧、和洋を自在に織り交ぜたモダンでエレガントな世界観に定評があり、今回は京指物の技術を生かした、withコロナ社会に通用する新しいコンセプトの商品開発を監修。

■美しさと機能性を備えたコンパクトサイズの茶箱

― サイズ ―

― 内部:仕切り板と引き出し―

左/下段の引き出しは、箸やカトラリーを入れたり、ティーバッグやお菓子などを入れて便利に使うことが可能。右/仕切りの板は軽くつまんで出し入れします。薄いのであまり重い器は載せないこと。背の高い器を入れるときは外して使用します。

― 持ち運ぶときは落とし戸を閉めて ―

左/落とし戸は指でスーッと持ち上がるほど滑らか。木と木を組み合わせるだけで作られる「京指物」の技術に感動します。右/落とし戸を閉めると一段とスタイリッシュ。持ち手が華奢なので、持ち運ぶときは、必ず底板に手を添えてください。

■京の匠「井口木工所」 による京指物の技術

木と木を指し合わせた指物に、はんなりとした蒔絵や透かしを施した京指物を得意とする工房。桐箱づくりから創業し、素材を見極め、木の自然体を生かすことを第一とする井口彰夫さんは3代目。「木は生き物。できるだけ自然な状態で形に表現しています」

■伝統文様「雪輪」「手毬」の2種類があります

ダイニング茶箱 6万1600円 (税込み) 商品の詳細・ご購入はこちら>>

※京指物の生活道具 商品一覧はこちら >>

Information

家庭画報ショッピングサロン

  • 家庭画報の公式通販「家庭画報ショッピングサロン」。ファッション、インテリア、グルメなど、新春の新商品が多数入荷しています。お申込み専用フリーダイヤルから、お電話でもご注文いただけます。TEL:0120-919-287(9時~19時)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年4月号3月1日発売

「わが家コンサート」のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading