インテリア

日本唯一の唐紙屋の特別なお誂え。完全予約制オーダーメイドサロン「雲母唐長」

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

椅子とカーテン

“角つなぎ”文様のファブリックを使用したインテリア。デザイナー、フィン・ユールとコラボした椅子86万円。クッション2万4600円。川島織物製の別注オーダー絨毯。カーテン2万3000円〜(1メートル)。

1624年より続く唐紙屋「唐長(からちょう)」を継承する、唐紙師のトトアキヒコさんと千田愛子さん。小倉山を望む地に構えるアトリエには、完全予約制オーダーメイドサロンを備えます。

唐長

修道院を思わせる廊下の先に広がるサロン。ここでは、代々伝わる600枚以上もの板木から文様を選び、インテリア雑貨から、襖、アートピース、さらには部屋全体までもオーダーが可能。

裏書きの残る最古の板木

裏書きの残る最古の板木は、1791年11月と書かれた“星”文様(上の写真の左列手前から3番目)。

「板木には神様、先祖、唐紙を愛した人々の魂が宿ります。それを写し取るのが唐紙。時を経て、板木は欠けたりもしますが、そこに数百年という時間の価値が詰まっています」とトトさん。

平和、繁栄……さまざまな祈りが込められ受け継がれた、文様の力を感じるお誂えを体験してください。

スタンドライト

唐紙の風合いが月明かりのような光を演出。“梅の丸”文様のスタンドライト8万円〜( 直径13.5×高さ27センチ)。

しふく刷り

トトさんが描く深く明るい青が印象的な「しふく刷り」の作品は、寺院や美術館にも収蔵されている。

Information

雲母唐長

京都嵯峨(住所非公開、完全予約制)

TEL 075(873)2565
営業時間 10時〜18時(電話お問い合わせ)
定休日 火曜・日曜・祝日

https://kirakaracho.jp/

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2020年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading