インテリア

小さな工夫でお部屋が一変! 涼やかな花あしらいでインテリアの気分転換を楽しみませんか?

小さな工夫で気分転換! 暮らしを彩るインテリア・アイディア 第1回(全6回) インテリアスタイリストの横瀬多美保さんの住まいは、コーディネートによって部屋の空気感を変える工夫に満ちています。花あしらいや布づかい、テーブルウェアで趣を一変させる24のアイディアをご紹介。皆さまも小さなイメージチェンジで、住空間に新しい風を吹き込んでみませんか。

涼やかな花あしらいで気分転換

雰囲気を一変させる手軽で効果的な方法は、植物の力を借りること。生命力溢れる旬の花材を飾った途端に、空間全体がパッと華やいで生き生きとしてきます。

夏の心地よいインテリアのポイントとなる“涼やかさ”を意識して、ガラス素材やたっぷりの水を湛えた口径の広い花器を使います。

idea 1
テーブルを舞台に季節の情景を再現する

明月院の風景をテーマにしたテーブルコーディネート

「記憶の中の美しい景色を、デコレーションに取り入れることをよくします」と話す横瀬さん。梅雨の時期には、紫陽花で有名な北鎌倉の明月院の風景をテーマにテーブルコーディネートを楽しみます。

センターピースはブルー&ホワイトの紫陽花。ガラス花器をリズミカルに複数並べて、群生のようなダイナミックさを感じさせるアレンジに。

idea 2
ガラスのハンギングベースで
“水を見せる”アレンジを

紫陽花とFUGAの花器

澄んだ水に木々の清々しい緑を映し込んでいるのは、東京のフラワーショップ「FUGA」で見つけたレインドロップ形の花器。カーテンレールのランナーから透明なテグスで吊るし、ひと枝ずつ紫陽花を挿しました。

ハンギングベースを使った不思議な浮遊感がある花あしらいは、さながら現代版釣り花。ガラスと水の輝きが、雨の雫がきらめくような儚げな美しさを演出します。

idea 3
水に浮かんでいるかのように
ジンジャーを生ける

クリスチャンヌ・ペロション作の平鉢と水生植物

目に涼やかな睡蓮などの水生植物は、水揚げにテクニックが必要で花持ちが短いのが難点です。そこで花材に、熱帯アジアが原産地のジンジャーを使用。短くカットした花首が倒れないようにテグスで石に固定して、水面に浮かんでいるかのようにいけました。クリスチャンヌ・ペロション作の乳白色の平鉢を花器に見立てた卓上花です。

横瀬多美保さん

横瀬多美保(よこせ・たみほ)
テーブルコーディネーター、インテリアスタイリストとして『家庭画報』をはじめとする女性誌や料理本で活躍。百貨店やショールームのディスプレイ、商品開発にも携わる。新旧、和洋を自在に織り交ぜた、モダンでエレガントな世界観にファンが多い。

横瀬多美保さんが提案するインテリアレッスンの記事はこちら

スタイリング/横瀬多美保 撮影/鈴木一彦 取材・文/鈴木博美
※本テーマの掲載品はすべて著者の私物であり、アイテムによっては販売終了になっているものもあります。ご了承ください。
※本特集は、『家庭画報.com』の連載と、連載を書籍化した小社刊『テーブルコーディネートから始まる 美しい暮らしのインテリア365日』の一部を再編集したものです。

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading