インテリア

【連載最終回】365日の贈り花、最後を飾るのは青いバラ「ブルーヘブン」のブーケ!

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

5月31日の贈り花

5月31日の贈り花

とっておきのブーケに感謝の気持ちを込めて

2019年の6月からスタートした「365日の贈り花」連載は、今日でちょうど1年。いよいよ最終回を迎えました。

毎日お届けした贈り花は、今年がうるう年だったため、合計で366個になりました。毎日ご覧になっていただき、本当にありがとうございました。

誕生日や記念日を祝う花、惜別の花、悲しみを共有する花、元気づける花…。人生にはさまざまな贈り花のシーンがあります。

言葉では上手に表せない思いも、花に託して贈ればまっすぐに伝えられること、366個の贈り花から感じていただけたと思います。今回の連載をご覧になり、実際に花を贈ってみた方がいらっしゃったら、毎日贈り花をいくつも制作している私としては、これ以上嬉しいことはありません。

366個目の贈り花は、読者の皆さまへ感謝の気持ちを込めてお届けいたします。

この連載をしている間、SNSなどで皆さまの感想を伺い、青い花が好きな方が予想以上に多いことを実感しました。そこで、皆さまへの最後の贈り花は、育種家さんや生産者さんたちの努力によって生まれた青いバラのブーケにしました。

この世にあったらどんなに素敵か、と長い間多くの人が望んできた青いバラ 「ブルーヘブン」に、クリスマスローズとラベンダー、コバンソウを加えて束ねました。

美しい「ブルーヘブン」は長野県上伊那郡の「萬華園」の森谷みゆきさんが栽培されたもので、グリーンのクリスマスローズはみゆきさんのお母さまが栽培されましたもの。母娘の素敵な共演です。

広島県広島市の段原にある骨董通りで「フルール・トレモロ」をオープンして14年が経ちました。毎日いくつもの贈り花を制作し、日本中の各地へお届けしている間に、自分が好きな花がどのような環境で、どのように栽培されているのか気になってしょうがなくなりました。

それで、欲しいと思った花について生産者さんのWEBサイトで、どのような花か確認するようになりました。そうしているうちに私が気に入った花を生産している方々との交流が生まれ、試作中の花を送っていただいたり、新顔の花にいち早く出会える機会を得られるようになりました。

また、実際に生産地を訪ね、生産された花をその場でブーケにしてお見せするような機会もいただけるようになりました。

同じ花でも生産地や生産者さんによって、仕立て方も変わり、クオリティにも差が生じます。この連載で花名だけでなく、生産地や生産者さんを紹介しているのは、私が贈り花の制作に利用しているクオリティの高い花をどんな方が作っているのか、ちゃんと紹介したいと考えたからです。

生産者の顔が見える花であること、それを皆さまにお伝えしたいと思いました。「きれい!」「素敵!」と皆さまが褒めてくだると、それだけで生産者さんたちの意欲が高まり、さらにクオリティの高い花を生み出してくれると思います。

最後にひとつ。日本ではまだ花を贈ることを特別とする感覚がありますが、ごく日常的にカジュアルな感覚で、花を贈り合えるような文化が育つことを心から願ってやみません。気持ちを伝える手段として、贈り花を楽しんでいだたけたら幸いです。

【使用花材】
バラ ブルーヘブン
クリスマスローズ
ラベンダー
コバンソウ

贈り花のヒント
青いバラが誕生したといっても、まだごく淡い色彩です。それでも「ブルーヘブン」の美しさは、印象的だと思います。ブルーローズと呼ばれるものには、ほかに「ガブリエル」や「アプリエル」などがあります。とっておきのブーケにしたいときなどに、ぜひ利用してみてください。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年8月号 7月1日発売

創刊750号記念

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading