インテリア

波打つ花びらがとても魅力的!素敵な「カラー」のブーケを、誕生日の父へ贈る

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

4月8日の贈り花

4月8日の贈り花

お父さまの誕生日に贈るスタイリッシュなブーケ

お子さんたちからお父さまへのバースデーギフトです。誕生日のお祝いの席で手渡すブーケを、とご注文いただきました。男性への贈り花ということを少し意識し、ピンクや赤などのかわいらしい花色ではなく、さわやかでナチュラルな印象のある花色を選んでみました。

ちょうどカラーの産地の一つ、千葉県君津市の小糸から白に緑色が入る素敵なカラー グリーンフリルが届いたので、ぜひ使いたいと考えました。このカラーは、花色だけでなく、波打つ花びらがとても魅力的です。

カラーに合わせ、淡い緑色のアルストロメリアを選び、ラナンキュラスの黄色、カーネーションのクリーム色を加えて、緑から黄色、クリーム色というグラデーションを作ってみました。この季節に感じるさわやかな空気感を連想させる色合わせです。

爽快な雰囲気のなかに優雅さもあり、これならお父さまが手にしたときに、気恥ずかしさを感じることもないと思います。カラーもアルストロメリアもよく見かける花ですが、流通量の少ない品種なので、新鮮な印象になりました。

【使用花材】
カラー グリーンフリル
アルストロメリア スポットレスグリーン
ラナンキュラス キティラ、エレシ
カーネーション ポリミナミ
チョコレートゼラニウム

贈り花のヒント
4月の誕生花になっているアルストロメリアは、ユリズイセン科の球根植物で、よく見るとユリを小型にしたような花形をしています。南アフリカ原産で、よくエキゾチックな雰囲気があるといわれますが、その要因は花びらにあるスポット(斑点模様)にあると思います。赤やピンク、黄色、白など多彩な花色が揃っていますが、スポットがあることで、エキゾチックという印象になりがちです。

そこで、そのスポットをなくす方向で育種されたのがスポットレスの品種です。今回使ったスポットレスグリーンもそのタイプです。スポットがなくなると、途端に透明感のある花色で、清楚で優雅な雰囲気に!

個人的にはスポットがあるのもその花の個性でおもしろいと思いますが、作りたいイメージに合わせ、スポットあり、スポットなしを使い分けるとよいと思います。アルストロメリアは花持ちがとてもよく、2週間以上花を楽しめるので、贈り花にもご自宅用にもおすすめです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading