インテリア

衝撃的な美しさの「青」の花をミステリアスなブーケに

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

4月4日の贈り花
4月4日の贈り花

衝撃的な「青」をミステリアスなブーケに

高知県宿毛市の「石田蘭園」、石田隆博さんは、自らを「シンビニスト」と名乗り、小型のシンビジウム テーブルシンビの生産に情熱を注いでいます。その石田さんから、美しいブルーに染められたシンビジウムが届きました。自然界にはあり得ない色だからどうしようもなく欲しくなり、どうしようもなく美しい!

その青いシンビジウムを見たときに受けた衝撃をそのままブーケにしてみました。ちょうど長崎県佐世保市の染め花の名人「ワイルドプランツ吉村」さんからもさわやかな水色に染めたカラーが届いたので、2種のあり得ない青を共演させてみました。

濃い青、エメラルドグリーン、そして水色。さらにルピナスのブルーやリューココリーネの紫を加え、フレッシュな緑色をたっぷりと加えてみました。なんともミステリアスな美しいブーケに、しばし見入ってしまいました。

さて、皆さんの感想はいかがでしょうか。染めの青の花を見て、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、花に関わる者として、見たことのない花色は憧れの存在であり、やはりどうしても「見てみたい!」という気持ちになるものなのです。

いずれ交配の技術が進んだら、この花色が作り出される可能性もありますが、クオリティの高い染め花は、もはやアートの一つと言えるのではないかと思います。

さて、この衝撃的な青いブーケは、「ブーケにするとこんなに素敵です!」というメッセージを込めて、染め花を贈ってくださった石田さんにお礼に贈りました。花の生産者さんがブーケを見て、さらに生産意欲を高めてくださることを期待しています。

【使用花材】
シンビジウム テーブルシンビ(染め2種)
カラー ブルー(染め)
ルピナス テキサスブルーボネット
リューココリーネ ストライプブルー
レピディウム エメラルドビーズ
ビバーナム スノーボール

贈り花のヒント
「ブルーの花が好き」という方はたくさんいらっしゃいますが、自然界には青紫系の花は多くあっても、純粋な「青」は数えるほどしかありません。

よく花色合わせでブルー系と呼ぶのも、青紫系の花を指しています。今回の青いシンビジウムは試しに染めたもので、一般には流通していませんが、「ワイルドプランツ吉村」さんのマトリカリア ブルーワンダーは、一般にも流通し、花屋の間で取り合いになるほどの人気です。もし花屋さんでブルーワンダーを見かけたら、ぜひ入手してみてください。最近の染め花のクオリティの高さをご自身の目で確かめて、贈り花にも利用してくださるととてもうれしいです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading