インテリア

パンジーやサマースイートピーなど紫の花を集めて、娘から母へ誕生日のブーケ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

4月2日の贈り花

4月2日の贈り花

そろそろ終わりのパンジーで誕生祝いのパープルブーケ

初冬からずっと楽しませてもらったパンジーも、そろそろおしまいの時期になりました。娘さん家族からお母さまへの誕生日のお祝いにパープル系のブーケの依頼を受けたので、今春最後のパンジーを使うことにしました。

リシアンサス、アネモネ、リューココリーネの淡い紫色に、透明感のある青紫のスイートピー。春のパープルの中に、濃い紫色のパンジーをアクセントに加えてブーケにしました。

優しい色合いでふんわりした質感の花の中にパンジーが加わると、ブーケが引き締まった印象になりました。それだけでなく、まるで春の庭の景色を切り取ったような、ナチュラルな雰囲気が生まれます。

切り花のパンジーが出回り始めると、いつもうきうきした気分になり、花を束ねるのがとても楽しくなります。庭の景色のようなナチュラル感やかわいらしさがとても好きで、今シーズンもたくさんのパンジーを使わせてもらいました。生産者さんには本当に感謝しています。

さて、スイートピーも出回りの盛りはそろそろ終わりですが、今回使用したブルーフレグランスは、サマースイートピーとも呼ばれ、6月まで出回ります。花色が美しいだけでなく、とてもよい香りのする品種なので、まだしばらくは贈り花で活躍してくれます。

【使用花材】
パンジー
リシアンサス ルセナブルーフラッシュ
アネモネ ミストラルグレープ、ミストラルバイカラー
リューココリーネ フルル
スイートピー ブルーフレグランス
ビバーナム スノーボール
ポリシャス

贈り花のヒント
パープル系のブーケやアレンジを作るときに大活躍してくれるのがリシアンサスです。濃いパープルからごく淡いパープルまで花色が揃っているので、イメージに合うパープルを見つけやすく、また、ふんわりとした大きな花なので、少ない本数でもボリューム感を出すことができます。

リシアンサスは1年を通して何かしらの品種が出回るので、花選びに迷ったら、まずリシアンサスに注目してみるとよいと思います。茎が腐りにくく、花持ちがよいのも魅力です。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading