インテリア

転職する仲間へ、フランス語で「金の扇」を意味するバラのブーケを贈る

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

3月25日の贈り花

3月25日の贈り花

転職する仲間へ、シックな花色を集めた惜別の贈り花

月末に近づくにつれ、送別会での贈り花のオーダーが増えてきました。

今回は以前からやりたかった仕事に転職が決まった仲間に、別れを惜しむ仲間から「これからもがんばって!」の気持ちを込めて贈るブーケをご紹介します。

落ち着いた雰囲気のとても素敵な女性と伺い、花色もシックで上品にしようと考えました。濃淡のアプリコット色に少しくすんだ花色を合わせ、明るい緑色のリーフを添えてフレッシュ感あるブーケに仕上げました。

花形の整ったつややかなバラは、エバンタイユドール。フランス語で「金の扇」という意味です。少しくすんだ花色が何ともエレガントで、大人の女性にぴったりの雰囲気。くすみ系のバラの人気の先駆けとなった、ジュリアの次世代品種として期待されているバラです。

黒みがかった赤のガーベラは、蕾のまま出荷されたもので、これから徐々に開いていく姿が楽しめます。新しい道の進む仲間へ、「これから花開く」というメッセージを込めて選んでみました。

仲間と過ごした時間が、このブーケとともに素敵な思い出として、いつまでも残りますように・・・・・・。そう願いながら制作しました。

【使用花材】
バラ エバンタイユドール
ラナンキュラス ちほの華、モルバン
蕾ガーベラ
スカビオサ プリティーパープル
ビバーナム スノーボール
ポリシャス

贈り花のヒント
3月下旬は会社関係の送別会が多くあります。転勤などもあり、今まで暮らしていた土地を離れる方もいらっしゃると思います。これまでの感謝の気持ちと、あらたな出発へのはなむけに、贈り花は最適なプレゼントだと思います。

ただ、この時期は贈り花のオーダーが集中するので、早めにオーダーをしていただけると、どんなブーケにしようかじっくり考えられて、花屋としてはとても助かります。目安としては、1週間くらい前までにオーダーしていただけるとありがたいです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading