インテリア

キルト作家の第一人者・鷲沢玲子さんが伝える手仕事の心

キルトに魅せられて 第1回(全3回) 「キルト」とは、表布とキルト芯と裏布の三層を、ステッチで縫い合わせたものの総称です。キルト作家の第一人者、鷲沢玲子さんとその愛弟子、三浦百惠さんの作品を通して、一針縫うごとに人生が豊かになる、手仕事の魅力をお届けします。

キルトに魅せられて

鷲沢さんのアトリエにて。●タペストリー「シンプリシティガーデン Simplicity Garden」170×215センチ 2006年

鷲沢玲子(わしざわ・れいこ)
東京都生まれ。日本を代表するパッチワークキルト作家の一人。優美な作風で知られる。1980年より「キルトおぶはーと」を主宰。NHK『すてきにハンドメイド』に講師として出演。『鷲沢玲子のパッチワークキルト入門 プレーンキルト&サンプラーキルト』ほか著書多数。

鷲沢さんに教わるキルトの魅力

心安らぐ時間
キルト作りに集中するひとときは、慌ただしい日常のなかで、心安らぐ貴重な時間になります。

思い出のタイムカプセル
見るたび触れるたび、作っていたときの気持ちや思い出が鮮明に甦るのも、キルトの魅力です。

ものを作り出す喜び、達成感
でき上がった作品にタイトルをつけて命を吹き込む瞬間は、いつも喜びと達成感に満たされます。

色もデザインも思いのままに。パッチワークキルトの楽しみ

家庭科の教師をしていたお母さまの影響で早くから手芸に親しみ、「少しずつでも続けていけば、必ず上達する喜び、形になる達成感」を知ったという鷲沢玲子さん。

キルト尽くしのベッドルーム

「パッチワークキルトがあれば、暮らしがぐんと華やかに」
キルト尽くしのベッドルーム

白バラをイメージした緻密な柄の作品を壁に、バラと鳥が大胆にデザインされた作品をベッドに、大きな水玉がリズミカルに並ぶ作品を床に使用。テイストの異なるキルトも、同系色で揃えれば、落ち着いた雰囲気になります。●タペストリー「ロゼッタ(なにわいばら) Rosettes」160×195センチ 2013年 ベッドカバー「夢 Dream」155×260センチ 2015年 ラグ「ハーモニー Harmony of Life」180×215センチ 2013年

ライフワークであるパッチワークキルトとの出逢いは20代の頃、日本ではまだキルトが目新しかった時代でした。

「色やデザイン、大きさを全部自由に決められるところに魅了されました。アメリカの専門書を読み解きながら1つ1つ技術を覚え、作品を作るうちに、出版社から声がかかり、雑誌のために制作したり、キルト教室の講師を務めるようになったんです」

鷲沢さんはその後、自身の教室を開設。以来約40年間、キルトの魅力を広めています。

温かみのあるテーブルクロスに

「キルトは暮らしに取り入れてこそ輝くのです」——鷲沢さん
温かみのあるテーブルクロスに

鷲沢さんが『赤毛のアン』の舞台となったカナダのプリンス・エドワード島を訪れ、イメージをふくらませて制作した一枚。トラプント(フォトギャラリー参照>>)が際立つエレガントな作品です。気軽なティータイムなら、斜めがけにして使うのも素敵。●「マリラのテーブルクロス Marilla’s Tablecloth」159×212センチ 2009年

現在は直接教えている生徒だけで約250人。鷲沢さんが育てた講師たちが教える“孫弟子”の数は把握しきれないほど。

2017年に他界されたご主人も熱心な生徒の1人でした。

「定年してから亡くなるまでの10年間、毎日楽しそうに作っていました。病気になり、大好きだったゴルフができなくなったとき、夫にキルトがあって本当によかったです」。

グリーンとの組み合わせを楽しむ

グリーンとの組み合わせを楽しむ
テーマは『若草物語』。連なるリングと四つ葉のクローバーが長女メグの結婚を祝福しています。内側のボーダー(縁)はギンガムステッチで刺繡。外側のボーダーの色に合わせてグリーンを置くことで空間に調和と奥行きが生まれました。●「メグのウェディングリング Meg’s Wedding ring」186×226センチ 2018年

独創性を求め、新しいことに挑戦し続けている鷲沢さんの作品は、得意とするトラプントをはじめ、さまざまな技法が駆使されています。(フォトギャラリーにて詳しくご紹介>>

その手仕事の緻密さ、美しさはまさに芸術の域。それでもご本人は、「キルトは日常の暮らしで使ってこそ」といいきります。

ひと工夫してウォールアートに

ひと工夫してウォールアートに
鷲沢さんが生徒の1人である三浦百惠さんから贈られた、さくらんぼのイヤリングに想を得た作品。絵画風に飾ると新鮮な印象に。額に見立てたモールディングは軽量で扱いやすく、自分で壁に貼ることができます。モールディングTMC-Z10 1万8000円(2メートル×5本)/トミタ ●「フルーツ オブ グレイス ツリー(恵みの木の実)Fruits of the Gracetree」170×210センチ 2019年

「ベッドやソファのカバー、ラグなど、何に使っても構いません。丈夫で、洗濯機で洗えて乾きも速いので、気軽に使えます。

古くなって傷んできたら、きれいな部分だけでぬいぐるみを作るのもおすすめです。キルトは作り手の愛情と家族の思い出が詰まった宝物。ぜひ、親から子、孫へと受け継いでいただきたいですね」。

優しい笑顔から静かな情熱が伝わりました。

Information

鷺沢さんのキルト教室兼ショップ「キルトおぶはーと」

東京都国立市東1-10-56

  • 人気のキルト教室は、初心者向けのクラスからインストラクタークラスまで、さまざまなコースがあります。

    ショップでは、キルト用のカラフルなはぎれや、ポーチなどの小物が作れるオリジナルキットなどを販売。

    鷲沢さんの著書もすべて揃っています。オンラインショップでも購入可能。

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/鍋島徳恭 スタイリング/横瀬多美保 ヘア&メイク/AKANE 取材・文/清水千佳子

『家庭画報』2020年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading