インテリア

教え子の卒業を祝う、青いマーガレットと春の花のブーケ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

2月27日の贈り花

2月27日の贈り花

先生から教え子に送る卒業祝いのブーケ

結婚退職し、現在は福岡にお住まいの先生から、広島で3年間担任した学級の女の子の卒業祝いの花の依頼がありました。退職されたあとも生徒を想う気持ち、これもまた愛情ではないかと感じました。

若々しい女の子へのお祝いの花ですから、花色もカラフルに、春色パレットをひっくり返したように賑やかなブーケを作ろうと思いました。

アネモネの赤、パンジーとスイートピーの紫、ラナンキュラスの黄色とオレンジ、ニゲラのブルー、そしてビバーナム スノーボールのフレッシュグリーン……。もうひと色、淡いブルーに染め上げた小ぶりなマーガレットも加えました。

このマーガレットはちょうど出周り始めたばかりで、ぜひ加えたかった花です。ブルーの染まり具合がとても美しいグラデーションで、抜群にかわいらしいのです。丸い花ばかりをぎゅっと寄せて束ねると潰れてしまいがちですが、間にひらひらしたフリルパンジーやスイートピーを加えながら束ねると、ちょうどよいクッションになってくれます。

遠く離れた地からも贈り花で卒業を祝ってくれる先生。いつも見守られていた幸せを女の子が感じ取ってくれますように……。

【使用花材】
アネモネ バイカラーレッド
パンジー シャロン
ラナンキュラス
スイートピー
ニゲラ ミスジーキル
マーガレット テトラブルー(染め)
ビバーナム スノーボール

贈り花のヒント
アネモネやラナンキュラスなどの大きな丸い花は、開いてくると花サイズがぐんと大きくなります。そのスペースを確保しておく意味でも、花と花の間にクッションとなるような花を加えておくのがおすすめです。

ひらひらしたフリルパンジーやスイートピーは、クッションフラワーとしても効果的。また、葉ものを少し加えてもよいと思います。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading