インテリア

黒く、大きく、美しいクリスマスローズ「ブラックパール」を使った“大人かわいい”ブーケ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

2月22日の贈り花

2月22日の贈り花

誕生日に贈るピンク×ブラックのしゃれたブーケ

娘さんからお母さまへのバースデーギフトのオーダーをいただきました。ピンクがメインだけれど、シックで個性的なブーケにして欲しいとのご要望です。ちょうど素敵なクリスマスローズが届いているので、それを使います、とお伝えしました。

ブラックパールという名前を見て、ぜひ使ってみたいと取り寄せたクリスマスローズを実際に見てびっくり!ここまで黒く、花が大きなクリスマスローズはなかなかお目にかかれません。

そのクリスマスローズをバラや染めのアスター、ラナンキュラスの華やかながら少しくすんだピンクにアクセントとして加えてみると、華やかながら上品なブーケになりました。“大人かわいい”というのはこんな雰囲気ではないでしょうか。

それにしてもこの黒いクリスマスローズはインパクトがあります。

バラと比べてみると、サイズの大きさがわかるでしょうか。花数が多すぎると黒い印象になってしまうので、ボリュームには気をつけて挿しました。ピンクの花を使いながらもちょっと“カッコイイ”雰囲気もあり、個性的な花色合わせができたと思います。お母さまに、そして贈り主の娘さんにも喜んでいただけたらいいなと思います。

【使用花材】
バラ オール4ハート+
クリスマスローズ ブラックパール
アスター ボブサーモン
ラナンキュラス マーミド、タンジェ
アスチルベ チェリー(染め)、ライトピンク
ミントゼラニウム

贈り花のヒント
温暖地ではすでに庭でも咲き出しているクリスマスローズ。切り花での出回りはちょうど今が最盛期です。クリスマスローズの魅力はなんといってもしゃれた花色です。

くすみ調のしゃれた花色が豊富に揃い、今回使用したような黒に近い紫の花色もあります。クリスマスローズだけを束ねても素敵だし、ほかの花と合わせ、春には早い庭景色のようなナチュラルなブーケにするのもおすすめです。

クリスマスローズは花持ちがよいのも魅力で、水替えをきちんとすればかなり長く楽しんでいただけます。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading