インテリア

建築家・隈研吾がデザイン、木の魅力を伝える家具「クマヒダ」誕生!

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、家庭画報編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

テーブル

5サイズから選べるテーブル(写真はウォルナット、幅180×奥行き90×高さ70センチ 60万円)

2020年に創業100周年を迎える“飛驒の匠”「飛騨産業」と日本を代表する建築家・隈 研吾氏がタッグを組んだ家具、その名も「クマヒダ」が誕生します。

「20世紀のコンクリートの時代から、世界中が木に向かっている時代。その言葉を超えた魅力を伝えたい」と、今回のデザインが実現。

アームチェア

アームチェア(写真はホワイトオーク、幅59×奥行き54×高さ72×座面高41センチ 26万円)

建築物を思わせる曲線が優美なアームチェア(写真はホワイトオーク)と5サイズから選べるテーブル(写真はウォルナット)がお目見え。

テーブル天板は縁が斜めに大きく削がれたデザインで、モダンかつ軽やかに見えるのが特徴。

受注生産で、2020年2月から順次のお届けです。

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2019年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading