インテリア

華やかで明るい女性にプレゼントしたい、赤とピンクの春ブーケ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

1月23日の贈り花

1月23日の贈り花

退職される女性に感謝を込めた春のブーケを贈る

1月末で退職される女性にスタッフからの感謝の気持ちを込めた贈り花です。

その方はとても華やかで明るい性格で、彼女がいるだけで職場が明るい雰囲気になるのだそうです。そんな女性に似合うブーケをと考えて、赤とピンクのブーケを作ってみました。

赤い花びらの先端に白がうっすらと入るカーネーション ナポレオンレッド、赤からピンクへのグラデーションがきれいなアネモネ、華やかなピンクの個性的なバラ シーアネモネ、赤いスイートピー、つやのある質感が個性的なラナンキュラス。

春の花は種類も花色も豊富で、花選びが楽しくてしょうがありません。

花色が明るく華やかなので、グリーン花材はシックな葉色のユーカリと銀葉アカシアを選び、ブーケに少し落ち着き感を加えました。

「彼女がいなくなるととても寂しい」とスタッフの方が話していらっしゃいましたが、そんなに明るくて素敵な女性になんだか会ってみたくなりました。

【使用花材】
カーネーション ナポレオンレッド
アネモネ ミストラルレッドシェード
バラ シーアネモネ
スイートピー アカープ
ラナンキュラス ラックス
銀葉アカシア
ユーカリ

贈り花のヒント
同系色の花色選びは、全体がまとまりやすく、思い描いたイメージを作りやすいのが特徴です。形の異なる花や、花びらの質感が異なる花などを集めると、メリハリのあるブーケやアレンジになります。

赤とピンクという組み合わせは派手な印象があるので、ご自身ではなかなかオーダーしないかと思います。それだけに贈り花ならではの新鮮さ、意外性を感じて、記憶に残るのではないかと思います。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading