インテリア

お正月の花といえば水仙。すらりと美しい花をラフに束ねたシンプルなアレンジ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

1月1日の贈り花

1月1日の贈り花

新年を祝うスイセンのロングステムブーケ

あけましておめでとうございます。
本連載「365日の贈り花ダイアリー」、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年最初にお届けする贈り花は、スイセンです。お正月の花といえば、スイセンの中でもいち早く開花するニホンズイセンもそのひとつ。日本では古くから親しまれてきた和のスイセンのイメージを大切にしつつ、シンプルに束ねてみました。

ニホンズイセンは観光地では12月から開花が始まりますが、切り花の出荷は、年末から1月いっぱいがピークになります。ニホンズイセンが終わると出回り始めるのが、ラッパズイセン。ラッパズイセンに比べると、ニホンズイセンは花がぐっと小さく、清楚な姿は日本人好みで、何より香りがよいのが魅力です。玄関に飾ればさわやかな芳香で、新年のご挨拶にいらっしゃったお客さまをお出迎えできます。

ニホンズイセンは茎の先端に何輪かの花が房咲きになります。その花をバランスよく、すらっと伸びた茎を長く残して束ねました。ちなみに、丸く形作る「ラウンドブーケ」に対し、このように長い茎を生かしたブーケを「ロングステムブーケ」と呼びます。

ニホンズイセンのきりっとした白花がさらに引き立つように、ほかの花色は加えず、白と緑のバイカラー(複色)ラナンキュラス、風船のような緑の花が愛らしいシレネ グリーンベル、そして出回り始めのウンリュウバイの枝を加えました。茎を束ねた部分は、スイセンのすらっとした葉をリボンの代わりに巻いています。

【使用花材】
ニホンズイセン
ラナンキュラス ポンポンシレンテ
シレネ グリーンベル
ウンリュウバイ

贈り花のヒント
スイセンは品種が豊富で、英国王立園芸協会に登録された品種だけでも1万種を超えています。なかでもっとも日本人に親しまれているのがニホンズイセンです。花が小さいわりに葉のボリュームがけっこうあるので、あらかじめ葉は取り除いておきます。花を束ねたあとで葉を加えると、バランスのよいブーケになります。フレッシュな緑色の、すらりとして美しい葉も生かしたブーケやアレンジにするとよいでしよう。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。 https://www.fleurs-tremolo.com

『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』

誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載しています。オールカラーの大判の単行本で楽しむ、藤野さんのナチュラルでエレガントな花の世界は、眺めるだけで幸せな気持ちに。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading