インテリア

クリスマスプレゼントにひと工夫。さらに喜ばれる贈り花の渡し方

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

12月17日の贈り花

12月17日の贈り花

素敵なガラス器に花を挿してクリスマスプレゼントに

この時期は、クリスマスプレゼントに花を贈りたいというオーダーをたくさんいただきます。

今回の贈り花は、仲良しの友人へのクリスマスプレゼント。イッタラのガラス器は、依頼主が自ら探して買い求めたもので、それをお店にお持ちになり「これに合う花を挿してください」とのオーダーでした。

ただガラス器をプレゼントするのではなく、それに花を挿して贈るというひと手間、ひと工夫に、友人への思いが込められていて、とても素敵な贈り花だと感じました。

おそらくヴィンテージであろう味わいのあるガラス器にふさわしい花は?と考え、クリスマスプレゼントらしい赤と緑の花色で、蕾のアネモネやチューリップ、シレネのグリーンベルなど、ふっくらしたかわいらしい花形を集めてみました。

ガラス器に詰めたフローラルフォームが見えないように、周囲にぐるりとモミを挿しています。

アニバーサリーの贈り花は定番ですが、クリスマスプレゼントに生花というのはなかなか新鮮で喜ばれると思います。

【使用花材】
アネモネ ミストラルプエゴ、八重咲きスカーレット
チューリップ スーパーパーロット
シレネ グリーンベル
アップルミント
モミ

贈り花のヒント
私の店では、花器の持ち込みも受け付けています。素敵な花器だけでなく、取っ手付きのかわいいバスケットをお持ちになる方もいます。

なかにはかわいいトートバッグに、花とワインを一緒に入れてというオーダーも。

お客さまがお持ちになった器を生かすアレンジを考えるのはなかなか楽しい作業です。贈られた方も工夫あるプレゼントに感激されると思います。

12月はギフトシーズン真っ只中なので、花屋さんによっては持ち込みができないケースもあると思います。まずは花屋さんに、花器の持ち込みが可能かどうか相談してみてください。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。 https://www.fleurs-tremolo.com

『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』

誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載しています。オールカラーの大判の単行本で楽しむ、藤野さんのナチュラルでエレガントな花の世界は、眺めるだけで幸せな気持ちに。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

絶景の開運スポットへ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading