インテリア

まるでジュエリーのよう!透明感のある花色を集めた贈り花

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

12月16日の贈り花

12月16日の贈り花

ジュエリーのように透明感ある花を集めて贈る

プロスポーツ選手のご主人を長く支えてきた奥さまにお礼の花を贈りたい、という依頼をスポンサー企業の方から受けました。

美しくさわやかな雰囲気にしたいと思い、クリアな発色で透明感のあるバイカラーのダリア2種をメインに選びました。さらに、メタリックなつや感のあるパープル系のラナンキュラスやスイートピーを加えることに。バスケットに花を密に挿していくと、まるでジュエリーを集めたような透き通る雰囲気になりました。

バスケットごと筒型にラッピングすると、ボックスアレンジのようにも見えます。

普段は、花言葉にはあまりこだわらないのですが、ダリアの花言葉のひとつに「感謝」があることに気づき、奥さまの苦労をねぎらう気持ちを表すにはぴったりではないかと思いました。

ブルーからパープルのグラデーションが美しいスイートピーは、宮崎県のオリジナル品種の「青式部」。透明感のある花色は本当に美しく、惚れ惚れします。

【使用花材】
ダリア ポートライト ペアピューティー、NAMAHAGEビューティー
スイートピー 青式部
ラナンキュラス M-ブルー
センニチコボウ

贈り花のヒント
花がぎゅっと詰まったボックスアレンジは、花色の組み合わせがぱっと目に飛び込んできてインパクトがあるのが魅力です。

ボックスに詰めなくても、今回のようにラッピングを工夫すると、ボックスアレンジのような雰囲気に仕上げることができます。バスケットにフローラルフォームを詰めて花を挿しているので、ラッピングをほどくとそのまま飾れるのも魅力。

移動の際も花が固定されているのでずれにくく、宅配便などで送るのにもおすすめのスタイルです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。 https://www.fleurs-tremolo.com

『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』

誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載しています。オールカラーの大判の単行本で楽しむ、藤野さんのナチュラルでエレガントな花の世界は、眺めるだけで幸せな気持ちに。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading