インテリア

オブジェのような大型鉢カバーで、素敵な空間アレンジを

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

30年も前から“デザインプランター”と銘打って日本でアート性の高い鉢カバーを販売している「松尾貿易商会」。

「観葉植物を入れる鉢カバーのデザインも配置も、空間デザインの一部」と考えた代表が、海外から厳選した商品の輸入を開始。プロユーザーだけでなく個人にも販売しています。

「アルマ」

「アルマ」(開口部幅50×奥行き47・底辺部幅45×奥行き38×高さ140センチ、定価17万5000円) 花製作/アネラ

上写真の「アルマ」は、スタイリッシュな造形美が魅力。上部にある深さ30センチの空間に鉢を入れます。切花をアレンジしても素敵。

「ドロップ」

「ドロップ」(開口部直径46・底辺部直径69×高さ73センチ、定価6万5000円) 花製作/アネラ

上写真は「ドロップ」。シンプルなデザインはどんな植物とも合うので、その日の気分で入れる鉢を替えられます。鉢を入れる空間は深さ35センチ。

「ギリシャ・クレタ島」

「ギリシャ・クレタ島」シリーズ

上写真は、素焼きのクラシックな質感が人気の「ギリシャ・クレタ島」シリーズ。8000年の歴史を持つ製法で、職人が1つ1つ手作業で作り上げる逸品です。

「フロー」

「フロー」

個性の光る上の写真は、建築家・故ザハ・ハディッドの作品「フロー」。

「ストーン」

「ストーン」

そして自然のおおらかさを表現したユニークなデザインが特徴的な、上写真4点の「ストーン」。

クレタ島シリーズ以外は、ポリエチレン樹脂製のため、大型でも軽く、高級感ある質感を実現し、耐久性に優れているのもポイント。

各商品の詳細は直接問い合わせを。

Information

松尾貿易商会/プランタープロショップ

表示価格はすべて税抜きです。

『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Pick up注目記事

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading