インテリア

「将来の夢は花屋さん!」4歳の息子さんにお母様が贈ったブーケは?

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

12月6日の贈り花

12月6日の贈り花

花屋さんに憧れる男の子へ、お母さまからの贈り花

「4歳の息子が花屋さんに憧れていて、将来、花屋さんになりたいっていうんです」とお母さま。息子さんの好きな色を集めたブーケをプレゼントしようと思ったそうで、なんて優しいお母さまなんだ、と少し感激してしまいました。

息子さんの好きな色は桃色や白や青。星が好きでプラネタリウムによく行くそうです。その情報をすべて取り入れて作りました。青い星形の花はブルースター。星好きならきっと気が付いてくれるはず…。

花屋さんに憧れる息子さんに、できるだけたくさんの花を見せてあげたくて、グリーン花材も含めて9種類を使いました。緑色の風船から白い花が咲くシレネ グリーンベルの個性的な花姿にも興味をもってくれるかなと期待。

それにしても4歳で花屋に憧れるとはなかなか個性的な男の子ではありませんか。ちなみに私が4歳のときにはファーブルかシートンのようになりたいと思っていたけれど、なぜか花屋に…。

まだまだ先が長い彼の人生ですが、4歳の時の夢を叶えて花屋さんになってくれたら、それはとても素敵でうれしいことです。

【使用花材】
バラ フルブルームラナンキュラ創
パンジー バレリーナ
オキシペタラム(ブルースター) ピュアブルー
ハボタン クリスタルスノー(染め)
ラナンキュラス M-ピュアブルー
スカビオサ スノーメイデン
ニゲラ ミスジーキル
シレネ グリーンベル
アップルミント

贈り花のヒント
今回はいろいろな花色をミックスしましたが、色数を多く使うとごちゃごちゃした印象にもなりかねません。その場合は、グリーン花材を少し多めに使い、花と花の間に加えるようにすると、全体が花畑のようなナチュラルな雰囲気に仕上がります。シレネ グリーンベルのように、グリーン花材としても使えるものを利用するのもおすすめです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道に進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年2月号 12月28日発売

別冊付録「開運・招福術」つき

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading