インテリア

洋花でアレンジするモダンなお悔やみ花

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

11月15日の贈り花

11月15日の贈り花

お悔やみの花は洋花でアレンジしても素敵です

お悔やみというとキクなど和のイメージの花が浮かびますが、あえて、洋花を使うと新鮮な印象になります。

今回は亡くなって間もない遺族にお悔やみの気持ちを伝える花なので、色は白をベースにアクセントに紫を加えました。使った花は、リシアンサス、チューリップ、アネモネ、スイートピーとすべて洋花です。さすがにバラはお悔やみにはふさわしくないと思い、代わりにリシアンサスを使いました。

出始めのチューリップやアネモネなど、個性的な形の花を加えると、アレンジ全体の雰囲気が大きく変わります。色を選べば、お悔やみの花に使うのもおすすめです。これから出回りのピークを迎えるチューリップやアネモネ、スイートピーはいずれも花色が豊富に揃います。1周忌、3周忌などの花であれば、淡いパステルカラーをベースに使うのもおすすめです。

お悔やみの場合でも、自分らしい個性を出したアレンジのほうが、受け取った方も強く心に残ると思います。

【使用花材】
リシアンサス ボンボヤージュホワイト
チューリップ スーパーパロット
スイートピー しらたき
アネモネ モナリザワインホワイト、モナリザディープブルー
アップルミント
スペアミント
アカシア パープレア
ユーカリ

贈り花のヒント
遺族宅にお悔やみの花を贈る場合、いつまでに贈ったらよいか正式には決まりはありません。葬儀が終わってから遺骨を自宅に安置する祭壇を後飾りといい、この祭壇に飾る花を贈りたい場合は、四十九日の1週間前くらいまでに贈るとよいでしょう。納骨が終わると後飾りも片づけてしまうので。祭壇が設置されているので、花も飾りやすいと思います。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading