インテリア

甘いだけじゃない、“大人かわいい”ブーケアレンジのコツ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

11月9日の贈り花

11月9日の贈り花

退職される2人にお揃いのブーケを贈る

退職される2人の女性に贈る花のオーダーをいただきました。お2人に同時に贈る場合は、異なる印象のブーケにすることが多いのですが、今回は素敵なダリアやカーネーションが届いたところだったので、あえてお揃いにしてみました。

スターズレディという素敵な名前のダリアは、ピンクから白への自然なグラデーションが惚れ惚れするくらい美しく、新しい門出を祝う贈り花にぴったりでしょう! ちょうどダリアはいまが出回りのピークで、秋の涼しい空気に当たり、花色がぐっと冴えています。

カーネーションや八重咲きのスナップドラゴン、バラなどピンクの花を合わせ、アクセントに紫色のスイートピーを加えると、「大人かわいい」雰囲気のブーケになりました。

キンギョソウの名でも知られるスナップドラゴンは、これからどんどん出回ります。先端の緑色の蕾もかわいらしく、こういう穂状の花が加わるとブーケの表情が豊かになります。

【使用花材】
ダリア スターズレディ
スナップドラゴン ソフテイルアプリコット
カーネーション フェミニンミナミ
バラ ピンクラナンキュラ創
スイートピー みやびのかなで
スノーフレークゼラニウム

贈り花のヒント
ダリアやカーネーション、バラなどの大輪の丸い花だけを合わせるとぎゅっと詰まった印象になりがちです。そんなときは、花と花の間にやわらかな花を加えると、詰まり感がなくなり、丸い形がきれいに見えるようになります。今回そのために加えたのがスイートピーです。紫の花色を選んだので、アクセントカラーの役割も果たしてくれています。スイートピーは花色が豊富なので、紫の代わりにパステル系のブルーや白、赤など、イメージに合わせてアクセントカラーとして加えるのもおすすめです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading