インテリア

インテリアスタイリスト横瀬多美保さんのインテリア術。LEDランタンで演出する光の空間づくり

“エレガント・ランタン”で光と遊ぶ 第1回(全3回) 光がそこにあるだけで、人が集まる和やかな「場」が生まれます。最近注目なのが、電源コード不要で、手軽に持ち運びできるランタン。テラスや庭先など、室内と屋外のつながりが重視される住まいが増えた昨今、シェードに包まれたポータブルな灯りは、さまざまな場面で暮らしに彩りをもたらします。今回おすすめするのは、エレガントスタイルのランタン。LEDによる進化形やインテリアブランド発のモダンな新作など、ラグジュアリーなコーディネートで楽しむ光の世界をご紹介します。

インテリアスタイリスト 横瀬多美保

横瀬多美保/Tamiho Yokose
東京都生まれ。テーブルコーディネーター、インテリアスタイリスト。テーブルコーディネーターの故クニエダヤスエ氏に師事。女性誌や料理本、百貨店のディスプレイなどのスタイリングに携わる。新旧、和洋を自在に織り交ぜた、モダンでエレガントなコーディネートに定評がある。『家庭画報』とのおつきあいは30年近く。流行や時代の変化をしなやかに受け止めながら、幸福感漂う美しい暮らしを提案し続けている。2019年10月には、家庭画報 .comの人気連載「インテリアスタイリスト横瀬多美保のカジュアル・リュクスに暮らす」が待望の書籍化。 撮影/鈴木一彦

コーディネートでつくる光の空間

コーディネートでつくる光の空間

ランタンの役割は闇を照らすだけではありません。電源コードの制限を受けず、自由に置けるからこそ、室内の意外な場所を光で演出できます。

高さや大きさの違うものを、複数並べてみる。普段の家具に組み合わせてみる……温かな灯りのもとゲストが集いたくなるコーナーをつくるなど、ランタンがいつものスペースを新しい空間に変えてくれます。

〔特集〕横瀬多美保さんのインテリア術 “エレガント・ランタン”で光と遊ぶ(全3回)

*写真中のクレジット表記のないものは、すべて横瀬さんの私物です

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/齋藤幹朗 スタイリング/横瀬多美保 取材・文/本間美紀

「家庭画報」2019年8月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

インテリアスタイリスト 横瀬多美保の「カジュアル・リュクス」に暮らす>>

「#横瀬多美保」さんの記事一覧>>

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading