インテリア

今は亡き大切な人に思いを届ける、仏花のアレンジ

藤野幸信さん 365日の贈り花ダイアリー 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが手がけたブーケやアレンジメントで綴る365日の花日記。贈り花のある、素敵な暮らしのヒントをお届けします。記事一覧はこちら

10月5日の贈り花

10月5日の贈り花

セピアカラーの写真のような手向けの花

命日にご仏壇に供える花の依頼をいただきました。いつもは手向けの花でもブルー系やグリーンなどを使うことが多いのですが、ちょうど素敵な白い花材が揃う時期だったので、花形の異なる白を束ねてみました。

ほっこりした花形が愛らしいバラと輝きのある白花のダイヤモンドリリー。さらにシルバーリーフと呼ばれる白みがかった葉のダスティーミラーやユーカリ。白とシルバーリーフだけでは寂しい印象になるので、赤みのある繊細な穂のルビーグラスを加えると、まるでセピア調の写真のようなレトロ感のある仕上がりに……。

今は亡き大切な方を懐かしむような、そんな雰囲気が出せるといいなと思いながらアレンジしてみました。

白花は清楚でエレガントな中に、きりりとした印象もあり、組み合わせ次第でいろいろな表情を引き出せます。バラとダイヤモンドリリーという秋の主役花2種の白を合わせると、静かながらこんなに個性が強いアレンジになります。

【使用花材】
バラ ウェディングプラン
ダイヤモンドリリー
ルビーグラス
ダスティーミラー
ユーカリ

贈り花のヒント
お供えの花だからと白ばかりを集めると、どうしても寂しくなりがちです。お供えの花でも季節感は欲しく、秋ならルビーグラスのような穂やシンフォリカルポスなどの実物を加えるのがおすすめです。

下の写真をスワイプしてご覧ください。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅から少し離れた段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。

広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を卒業後、花の道の進んだ異色の経歴。

店名のtrémoloは音楽用語で震音を表し、「感動で声が震える」ことを意味する。感動する花束を多くの人に届けたい、という思いから、市場を頼らず、自ら生産者情報を入手して、お気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。

制作したブーケのアップを続けているフェイスブックから人気が広がり、全国各地から贈り花のオーダーが届く。

月刊『フローリスト』などの雑誌の連載や表紙などでも人気。2018年6月に新著『季節の色合いを楽しむブーケ』(誠文堂新光社)を発刊。 https://www.fleurs-tremolo.com

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading