インテリア

ヴィンテージ家具を自分好みにリペア。「ミナ ペルホネン」の新しい試みに注目!

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つ情報を厳選してご紹介します。新しくオープンした店や、アイディアが光る新商品、地方発の注目情報など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報がきっと見つかります。記事一覧はこちら>>

愛らしい蝶のテキスタイルで定評がある「ミナ ペルホネン」の新しい試み

「暮らし」を意味する名前を持つ、「ミナ ペルホネン」の新店「エラヴァⅡ」で、ヴィンテージ家具の扱いとリペアサービスが始まりました。使い込まれたアルヴァ・アアルトやフィン・ユールなどの名作家具が並びます。

テキスタイルへの張り替え

普通のリペアとの違いは、購入者の希望に沿って行う点。ゆがみやスプリングを好みに合わせて調整、心引かれるテキスタイル(写真上)への張り替えに対応します。

ボーエ・モーエンセンのチェア

デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンのチェア。「dop−choucho−(ドップチョウチョ)」の張り地に替え、愛らしい一脚へと生まれ変わりました(写真上・27万円、張り替え代込み)。一点ものの名作を自分好みにリペアし、永く愛用できる家具を見つけてみてはいかがでしょう。

Information

ミナ ペルホネン エラヴァⅡ

東京都千代田区東神田1‐2‐11 201号室

TEL 03(6825)8037
営業時間 11時~19時
定休日 日曜(展覧会開催期間は無休)

https://www.mina-perhonen.jp/elava/

表示価格はすべて税抜きです。

「家庭画報」2019年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading