インテリア

くつろぎこそ最高の贅沢。集いの時間を楽しむ邸宅〔三井ホーム〕

住む人のこだわりが光る理想の家づくり 第2回〔全3回〕

もてなしを楽しむ住まい。それが東京・駒沢公園ハウジングギャラリーに誕生した「三井ホームプレミアム 駒沢レジデンス」。1、2階をパブリックスペースに、3階をプライベートスペースにしつらえたラグジュアリーな邸宅は、友人や趣味の仲間、仕事のパートナーなど、大切な人との関係を豊かにするホスピタリティに満ちています。

ダイニングキッチンとフラットにつながるガーデンラウンジ。床は大判タイルで統一され、ワイドサッシを開け放てば大人数でのパーティも可能に。季節や時間によって多彩な表情を見せる屋外空間は、ゲストをもてなすのに最適な憩いの場所。

朝夕の空気の涼やかさに、新しい季節の 到来を感じる9月。この家を訪れるゲストにとりわけ人気の高いのが、ガーデンラウンジです。広々としたオープンキッチンのサッシを開け放った先に広がるこの場所は、降り注ぐ日差しの中でいただく朝食や、さざめく葉音を聞きながらのティータイム、そして夜にはキャンドルの明かりのもと語らいの時を楽しめる、至福の屋外空間です。

開放感とプライバシーへの配慮を両立させたガーデンラウンジ。手前にはパントリーにつながるドアがあり、ケータリングサービスの動線を考慮している。

殊に夕刻からのパーティはまた格別。やさしい夜風に吹かれ快適に過ごせるとあって、ゲストは自然とここに集います。けれど過ごし方はお好みでさまざまに。シェフが腕をふるう季節の料理を味わうもよし、吹き抜けのリビングで映像を楽しむもよし。ゲストは気の向くまま、フロアで自由にくつろぐことができます。吹き抜けのリビングは、天井高約6メートル。のびやかな心地よさとラグジュアリーな品格を漂わせる。外履きでのライフスタイルを想定し、ウォルナットをヘリンボーン張りにした床は4ミリ厚の挽板材を採用。

楽しい時間はあっという間……とはいうものの、実は、その法則はこの家には当てはまりません。なぜならパーティの後 も、静かな至福の時間が用意されているから。例えば、吹き抜けに面した2階のラ ウンジはゲストも使えるライブラリーになっています。

吹き抜けのリビングを見おろせる2階ラウンジは、1階とは趣を変えたもう一つのくつろぎの場所。

さらにその隣には、専用のシャワールームを備えた宿泊可能なゲス トルームが。素敵な宴の後、眠りに落ちるまでのひとときを、ゆったりと心豊かに過ごすことができるのです。

約30平方メートルの広さを確保したゲストルーム。その一角にはゲスト専用のシャワールームを設置。

そしてオーナー専用の空間は3階に。そこには、ホテルのスイートルームを髣髴とさせる快適な住空間が広がります。

至福のもてなしをテーマにした1~2階とは趣を変え、3階はリゾートホテルのようなオープン空間に。ベッドスペースの奥には、ブティックを思わせるスタイリッシュで機能的なクローゼットが。ほかにもヨガなどのワークアウトができる空間も用意されている。

1、2階をパブリックスペースに、3階をプライベートスペースにしつらえたこの邸宅。大切なゲストを招き、心からくつろいでもらえること。極上のもてなしを提供できること。それこそがオーナーの喜びであり最高の贅沢――真の豊かさを知る人の理想の家が、ここにあります。

お問い合わせ/三井ホーム 

TEL:0120-81-2431(9時~18時、水曜を除く)
URL:www.mitsuihome.co.jp

※資料請求ご希望のかたは、以下よりお申込ください(「三井ホーム」のサイトへアクセスします)。

取材・文/冨部志保子

『家庭画報』2018年9月号掲載。この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading