インテリア

11月6日は「いいマムの日」。花色がよく、大きなマムが楽しめるチャンス

藤野幸信さんが選ぶ「季節の贈り花」 今、この花を贈りたい! 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが“今贈りたい”おすすめの花をセレクト。その花を使った、新作ブーケ&アレンジメントをさまざまなバリエーションでお届けします。記事一覧はこちら>>

お母さまのお誕生日の贈り花です。マムが大好きと伺い、透明感のある美しいピンクのマム‘セイオペラ’をメインに選び、ピンクのケイトウ、淡い紫色のバラ、かわいらしい実のシンフォリカルポスなどと合わせ、秋の大人ピンクのアレンジに。

11月6日の「マムの日」に合わせてより豊富に揃います

マムは一年中出回る花ですが、夏場はややクオリティが下がり、9月後半からぐっと品質の高い花が出るようになります。ちょうどさまざまな品種が豊富に出揃うのがこの時期ということで、11月6日は「マムの日」とされています。1106で「いいマム」という語呂合わせで覚えておいてください。

この日の前後には北海道から九州までの、全国のマム生産地から出荷されるので、花色がよくのり、花サイズも大きなマムを入手することができます。

マムとはキクの英名で、キクの学名のクリサンセマムを略した呼び名です。キクというと日本ではお悔やみの花、お供えの花として古くから使われてきたため、今でもそのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

ところが最近のマムは昔とは大きく印象が変わっています。花形、花色のバリエーションはダリアと比べても遜色ないほど豊富!

淡いピンクのマム‘セイ オペラ’は整っていながらボリューム感のある花形も魅力的。‘セイ’シリーズは、広島県府中市の「イノチオ精興園」が生み出した品種。流通しているマムの約4割はここで生み出されていると知り、とても驚きました。

かわいらしいポンポン咲きはメインにも脇役にもとても使いやすく、また、くるっと巻いた細長い花弁のスパイダー咲きなど驚くほど個性的な花形もあります。さらに、花色ではダリアにはない鮮やかなグリーン系があり、この花色の美しさにはいつも惚れ惚れしています。

細くて長い花弁の先端がくるっと巻く、スパイダー咲きの‘アナスタシア ダークグリーン’。こんなにきれいな黄緑色が自然に生まれるのは本当にすばらしい!

しかも、水揚げも花もちも抜群によく、贈り花にとても利用しやすい花です。私の場合はとくにお供えの花という意識はなく、美しいマムをさまざまなシーンの贈り花に利用しています。ただし、ご高齢の方へ贈る場合は、昔からの習慣を気にされる可能性もあるので、気をつけるようにしています。

かわいらしいカジュアルな雰囲気の贈り花にも利用できる一方で、格調高い雰囲気にもできるマムは、本当に守備範囲の広い花だと思います。クオリティの高いマムが揃うこの時期、ぜひマムを贈り花に利用してみてください。きっとこれがキクなの?という驚きもお届けできると思います。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を終了後、花の道に進んだ異色の経歴。感動する花束を多くの人に届けたいという思いから、市場からだけでなく自ら生産者情報を入手してお気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。著書『大切な人への贈り花』も好評。 https://www.fleurs-tremolo.com

藤野幸信さんのブーケやアレンジメントで1年を綴る『家庭画報 花カレンダー2023』ができました!


藤野さんの上品でエレガントな花束が、空間を飾る素敵なアクセントに。コラムでは花にまつわるさまざまな記念日を紹介しています。

Amazonの購入はこちら>>

『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』

誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載したオールカラーの大判の単行本。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading