インテリア

世界基準の「最高峰レジデンス」を訪ねて。圧倒的スケールで、都市の豊かさを楽しむ

都市の豊かさを享受する暮らし 世界基準の最高峰レジデンスを訪ねて 今、東京で最も活気ある虎ノ門エリアに誕生した「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」には都市の豊かさを楽しみ、穏やかな時間の中で安らぐ東京ライフの新しいかたちがあります。世界の主要都市に伍する、国際都市・東京のグローバルレベルのラグジュアリー・レジデンスを訪ねました。

世界のトップクリエイターが競演した
都心の「夢の超高層レジデンス」

大都会を眼下に見渡す壮大なスケールのフォーマルリビング大都会を眼下に見渡す壮大なスケールのフォーマルリビング。メゾネットスタイルのこの最上階住戸は、天井高7.4メートルの吹き抜けを介して上階とつながる。

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

再開発が進む東京・虎ノ門エリアに2022年1月に竣工した「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」は、総戸数547戸の洗練された専有部と、心豊かな共用部からなる都心の邸宅です。

住居内のラウンジスペースソファに座り、ゆったりとくつろぎたくなる住居内のラウンジスペース。オリジナルで製作したチェストや棚を中心に、住居内のすべての家具はトニー・チーによって選ばれている。

開発・運営を行うのは、都市の機能を徒歩圏内に組み込んだコンパクトシティの実現で定評のある森ビル。「都市に生きることは、日々、新たな刺激を感じながら、創造的に生きること」とする同社が培ったノウハウを生かし、住み、働き、遊び、学び、憩うなど都市生活の豊かさを余すところなく享受する暮らしが体現されています。

「立体緑園都市」をテーマに緑溢れる街づくりを進める森ビル「立体緑園都市」をテーマに緑溢れる街づくりを進める森ビル。「レジデンシャルタワー」の誕生で、周辺の緑がつながり、東京有数のグリーンベルトが形成された。

外観設計を手がけたのは、ドイツの著名建築家、クリストフ・インゲンホーフェン。タワー低層部に多くの緑を配置するなど、緑化を通して周辺の自然とのつながりを創出しています。

クリストフ・インゲンホーフェンクリストフ・インゲンホーフェン[外観デザイン]
建築家。1960年デュッセルドルフ生まれ。アーヘン工科大学卒業後、1985年インゲンホーフェン設計事務所設立。デザインと工業技術を融合したサステナブルな建築で知られる。代表作に「シュトゥットガルト中央駅」(ドイツ)、「ワンブライ」(オーストラリア)など。

そしてインテリアデザインは、ラグジュアリーホテル「アンダーズ東京」などのモダンでアーティスティックな空間づくりで知られるトニー・チー。

トニー・チートニー・チー[インテリアデザイン]
インテリアデザイナー。1984年tonychi設立。ホテルやレストランなどのプランニング、コンサルティング、インテリアデザインなどを手がける。日本での作品に「パークハイアット京都」、「アンダーズ東京」「グランド ハイアット 東京」のレストラン「オークドア」など。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading