インテリア

厨子、仏様、調度品…20周年の銀座「ギャラリー厨子屋」で祈りのアイテムに出逢う

祈りとは神聖なものに心を開き、明日に希望を託すこと。では、現代の暮らしにふさわしい祈りのかたちとは? 会津若松で120年の歴史を持つ仏壇・仏具・位牌の専門メーカー「アルテマイスター」は、家族のつながりを深め、幸福な未来を考えるきっかけとなるようなデザイン性の高い新しい祈りのかたちを提案しています。この記事は全3回の最終回です。

01 巨匠・内田 繁が手掛けたデザイン厨子
02 丸太から5年。会津・ものづくりの現場へ
03 銀座の「ギャラリー厨子屋」が20周年(この記事)

新しい「祈りのかたち」を発信し続けて20年。
厨子屋(ずしや)のこれから

「ギャラリー厨子屋」では、仏壇は家系に属し、ご本尊やご先祖さまのお位牌をお納めするためのもの。厨子は個人に属し、お守りや形見など“大切なモノやコトを納める箱”としてご提案しています。

そのため、亡くなった大切な人の供養を目的に厨子を小さな仏壇として使用するのはもちろん、大切なものを納めて自分だけの祈りの場としたり、あるいはインテリアの一つとして部屋ごとに置いて心の拠りどころにしたりすることができるのです。

ギャラリー厨子屋デザイナー内田 繁さんのデザイン厨子「タイプE」も置かれている。

そんな厨子を多数取り揃えているのが、「アルテマイスター」が2002年に開廊した東京・銀座のアンテナショップ「ギャラリー厨子屋」です。

ここでは第一線で活躍するデザイナーや工芸家と同社の職人が協働で創り上げた厨子をはじめ、さまざまな祈りの調度品と出逢うことができます。既成概念にとらわれず、現在の住環境に合わせたサイズ、素材、デザインで創作された品々は、暮らしの中に祈りの場を改めてしつらえる第一歩となってくれるはず。

開廊20周年にあたる今年は“これからの「祈りのかたち」”をテーマに、3回にわたって記念企画展が開催されます。詳しくは記事下のお知らせをご覧ください。

厨子屋で出逢う、さまざまな祈りのアイテム

しきたりにとらわれない現代の祈りのかたちを提案する「ギャラリー厨子屋」。静謐な空間には現代の住環境に適う厨子や仏様、祈りのオブジェなどが多数揃います。

さまざまな祈りのアイテムから、わが家に合うものがきっと見つかるはず。

厨子

ギャラリー厨子屋
現代感覚溢れるモダンなデザイン厨子とともに、工芸家の確かな表現力で創作された厨子も人気。写真は、タモ材に漆芸の伝統技法を施した漆工芸家・藤野征一郎さんの額縁厨子「月曻」(高さ50×幅33×奥行き15センチ)71万5000円。手前は若杉聖子「一輪挿しNo.7」8800円、厨子の中に安置されているのは伊藤慶二「仏11-2」5万5000円/すべてギャラリー厨子屋

仏様

ギャラリー厨子屋の仏様
コンパクトな厨子に調和する可愛らしい仏様が多数揃う。いずれも高さは10センチ以下。左から、「蓮の上の仏さま56」2万2000円 「32.弥勒菩薩像」6万円(2点とも米田 文) 「お地蔵さん22-8」1万6500円 「花を生むもの」8800円 「お地蔵さん22-20」6600円(3点とも成田聡子)/すべてギャラリー厨子屋

祈りの調度品

ギャラリー厨子屋
高さ10センチ以下の祈りの調度品。左から、磁器透かし細工練込の器「18′-66cup」1万5950円 「8minicup」1万3200円 「18′-8minibowl」2万6400円(3点とも清水真由美) 白磁の調度「香立No.85」1万1000円 「一輪挿しNo.120」1万1000円 「一輪挿しNo.119」1万9800円(3点とも若杉聖子)/すべてギャラリー厨子屋

この秋、ギャラリー厨子屋
開廊20周年記念企画展が開催されます

「ギャラリー 厨子屋」の開廊20周年を記念して、この秋『これからの「祈りのかたち」を求めて ―20年を振り返り、新たな創出の旅立ちへ―』と題する企画展が3回にわたって開催されます。

これまでの歩みを振り返るとともに、これからの祈りのかたちを提案します。厨子や多様な祈りの調度品などを通して、暮らしの中での祈りの場・時について改めて考える機会としてみませんか。

第1回「インテリアデザイナー内田繁の厨子」展
2022年10月15日(土)~30日(日)

第2回「格別なる表現者が創る祈りのかたち」展
2022年11月12日(土)~27日(日)

第3回「アルテマイスターの厨子」展
2022年12月10日(土)~25日(日)

ギャラリー 厨子屋
東京都中央区銀座1-4-4 ギンザ105ビル地下1階
http://www.zushiya.com
電話 03(3538)5118
営業時間 11時~19時
火曜定休

【販売中】 大切な人に贈りたい「長寿延命のおまもり」

家庭画報オリジナルの「長寿延命のおまもり」
先の見えない困難な時代が続く中、明るく、前向きに、元気に生きていきたいという願いを込め、創業120年を誇る仏壇・仏具・位牌の老舗メーカー・アルテマイスターと家庭画報とのコラボレーション企画として、「手のひらのおまもり」七福神を作りました。
詳細・ご購入はこちら>>

表示価格はすべて税込みです。

撮影/西山 航 取材・文/冨部志保子 スタイリング/横瀬多美保

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

1月号 12月1日発売

日本の絶景 神社巡り

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading