インテリア

生産者はただひとり、小さなマーガレット「ドリームカシス」奇跡の物語

藤野幸信さんが選ぶ「季節の贈り花」 今、この花を贈りたい! 「フルール トレモロ」オーナー 藤野幸信さんが“今贈りたい”おすすめの花をセレクト。その花を使った、新作ブーケ&アレンジメントをさまざまなバリエーションでお届けします。記事一覧はこちら>>

5月の花 マーガレット

ピンクのバラ「ディアリー」の上に飛ぶように散らしたのがマーガレット「ドリームカシス」。この花が加わると、愛らしさが格段に増すと同時に動きのあるアレンジに仕上がります。

愛され花、マーガレット「ドリームカシス」が奇跡の復活!

「ドリームカシス」は長崎県佐世保市の育種家・吉村 圭さんが生み出した小輪マーガレットです。花径2〜3cmという小ささがとてもかわいらしく、しかもピンクの花色は花心だけが赤くなるという世界的にも珍しいマーガレットです。

この花が世に出て以来、花屋さんの間では取り合いになるくらいの人気ぶりで、徐々にお客さまにもその名前と魅力が知れ渡るようになりました。私の店にも「ドリームカシスを入れて」と品種指定してくるお客さまが珍しくなく、私が大好きな花の人気ぶりをとてもうれしく感じていました。

じつはこの花を生産していたのは、育種した吉村さんただひとりで、その吉村さんが花の生産をやめることになり、「ドリームカシス」はどうなるのか、と多くの花関係者はがっかり。お気に入りの花がなくなるというのは本当に寂しいことで、しかもこの「ドリームカシス」の代わりになるほどインパクトの強い初夏の小花は簡単には見つかりません。どうしたらいいのだー……と頭を抱えていました。

淡いピンクの花弁に花芯の赤。ふわっと盛り上がる花心に立体感があるのも魅力的。

その幻の「ドリームカシス」が花関係者の多くの要望に応えて復活したのが2020年6月のこと。吉村さんの従兄弟に当たる花農家さんが栽培方法を伝授され、生産を引き継いでくれたのです。以前と同様のかわいらしい花サイズ、個性的でしゃれた花色!市場から届いた花を見て思わず心が跳ねあがりました。

初めこそ生産量は少なめでしたが、最近では欲しい量の仕入れが可能になってきて、この時期の贈り花にふんだんに利用させてもらっています。

短く挿すアレンジではマーガレットのすべての花枝を無駄なく使うことができます。かなり細かい作業ですが……。

「ドリームカシス」はかわいらしいだけでなく、茎がかたくてしっかりしているので、ブーケにも利用しやすく、花もちもよいので贈り花が届いた後も長く楽しんでいただけます。個人的には非の打ち所がない素晴らしい花だと感じています。この花に多くの方が魅了され、品種指定のオーダーが届くのを心待ちにしています。

ちなみに「ドリームカシス」について、これだけ詳しく述べた記事はネット検索でも見当たらないと思います。この花に対する私の思い入れがそれだけ強いとご理解ください。

下のフォトギャラリーから詳しくご覧いただけます。

藤野幸信/Yukinobu Fujino

広島駅からほど近い段原の骨董通りにある「fleurs trémolo」(フルール トレモロ)オーナー。広島大学大学院理学研究科生物科学専攻を終了後、花の道に進んだ異色の経歴。感動する花束を多くの人に届けたいという思いから、市場からだけでなく自ら生産者情報を入手してお気に入りの花を集める。何種類もの花を使ったブーケは、エレガントでナチュラル。著書『大切な人への贈り花』も好評。 https://www.fleurs-tremolo.com

『人気フローリストが教える フラワーアレンジのデザイン&ヒント78
大切な人への贈り花』

誕生日、結婚記念日、ウエディングなど、78例のブーケ&アレンジメントを色別に掲載したオールカラーの大判の単行本。色別花図鑑コラムや全国の生産者データなどお役立ち情報やインデックスも充実。大切な人へ花を贈る際のヒントが満載です。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

8月号 7月1日発売

軽井沢の秘密/極上のあんみつ ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading